今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

大鹿村騒動記・・・2

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

先日観た映画での、原田さんは生き生きとしていた。

映画の撮影がはじまった、去年11月頃にはかなり、しんどい状態だったようだ。

病気と闘いながら2週間で、撮り終えた映画、凝縮されていて本当に勢いがあった。

うつくしい日本の村の風景と言う事もあり、今起こっている東北の事も重なった。

映画の中では普通の人たちの当たり前のいとなみがある。

原田芳雄が演じる 善が、新幹線の誘致をめぐって役場の話し合いで言う。

「田んぼ 耕して、野菜つくって、鹿撃ってで、歌舞伎やってきたんだ なにもないっていったって、

この村には歌舞伎があるんだよ」と。 

福島の村々にも、いっぱい 守ってきたものがあったろうと思う。今問題になっている牛だって

肥料だって、すべてが、守ってきたものなんだ。そんな想いもありながら撮影されたようにも思えた。

しかし、皮肉なというのか、原田芳雄演じる 歌舞伎の中での、是清の台詞を言ってみたかったと。

自らの両目を抉りとり 「仇も恨みも是まで是まで」という、あの台詞を言ってみたかった。と。

日数が少ない中、歌舞伎愛好会の方々がほんとうによくしてくださった。

経った2日ですが、やはり長い時間かけて培われた「型」の凄さを痛感します。

ちょっとした所作でも、ピッシと決まった瞬間とんでもない快感がある。

歌舞伎のシーンを撮った2日間は、夢をみているようなすばらしい時間でした。」と、パフレットの中で

語っている。 すばらしい作品を、仲間と撮られ残されたと思う。

  耳に残る「仇も恨みも是まで是まで」。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.