「モリのいる場所」



















名優・山崎努が主演を務め、『横道世之介』などの沖田修一と『キツツキと雨』以来に組んだドラマ。亡くなるまでのおよそ30年にわたり、庭の動植物を観察して描き続けた洋画家・熊谷守一をモデルに、晩年のある夏の1日を描く。山崎に熊谷のことを聞き、老画家を主人公にしたオリジナルストーリーを作り上げた沖田の脚本と演出、自身が敬愛する画家にふんする山崎の演技に期待が高まる。

画家の守一(山崎努)は、草木が生え、いろいろな種類の生きものが住み着く自宅の庭を眺めることを30年以上日課にしていた。妻と暮らす守一の家には、守一の写真を撮る若い写真家の藤田、看板を描いてもらおうとする温泉旅館の主人、隣人の夫婦など、来客がひっきりなしだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

沖田修一監督の映画は久々なで、いそいそと出かけた。
あの「キツツキと雨」がとても好きな日本映画の一つ。

いきなり仙人のような、主人公が出て来るのと、樹木希林との
絶妙な<あうん>の呼吸から始まる。
何処が入口なのか分からないような庭にその日の居場所を決めて
何時間も過ごす主人公。
じっと何気ない石を見つけて長く長く見つめている。
その映像を観ている方もなんとなく同じ気持ちに引き込まれて行く。
これはどこから来た石なのか、ひょっとして隕石ではないか?など。
守一の心の声を聴きたくなって来る。
こうした静かな時間と空間にいろんな、人が尋ねて来る。
そうした人たちも何か凄い演技をしているようには思えず、
自然体でこの空間に当たり前に存在して行く。
山崎努さんが仙人のようだからか、樹木希林さんは今回は、
身支度がきっちりと出来ていて、美しい存在として描かれていたのが
良かった。何でもない広い庭での一日に観る者もそこに置いてくれる。
今の世の中が余りにもうんざりの中、何が大切なのかが、ほっこりとして、
大切な時間をくれる作品だった。
映画館で観るのが一番だ!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.