今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

短歌の会の新年会・・・。

nonoblog Posted in いろいろ
0

早い活動開始の短歌の会の新年会。
もうすぐ、短歌を始めて2年目に入る。
新年会も2回目で、それぞれの持ちよりがあったり、買い出しに
行ったりで楽しく短歌の会が始められた。
私はインドカレーを持って行ったら好評であった。
だんだんと短歌を詠む事もそれなりに楽しめるようになったので、
嬉しくなってきている。何事も遅いというのはないのを身を持って感じている。


 

 

 

 

 

今年始めの一句。
「いつ何処で置き忘れたかときめきをツガイの鴨に尋ねてみたり」


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

野菜・やさい・・ああ~~やさい!

nonoblog Posted in いろいろ
0


こんなにも野菜が高くなった事が今までにあったろうか?
どの主婦も嘆いている。少しでも安いところをさがしたりして。
キャベツは500円以上になっていたりしている中、
生協で頼んだキャベツが来たのがなんと巾が30センチは
あるのが到着した。感動!大きい~~。
こんな大きなキャベツを最近は見たことがない。
契約している農家からなので、230円くらいの値段は変わらないのだ。
世の中どうなっているのだろうか?普段は少し高いなと感じる生協なんだが、
こうなると、ありがたいと感謝でいっぱいになる。
入っているコープは「グリーンコープ」と言うのに加盟している。
独自の電気供給を行っているし、原発反対をはっきりだしている。
本当にこんな時、その組織の在り方を見せて貰える気がする。


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「たけうち ちひろ」切り絵の世界

nonoblog Posted in いろいろ
0

昨年 枚方のPR大使になったたけうち ちひろ(娘)が、

今までの作品の原画の切り絵を展示します。

ぜひ、行って下さい。よろしく。

~~~~~~~~~~~~~~~~


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「かたやま みきちゃん」が故郷の曲を作ったよ。

nonoblog Posted in いろいろ
0

最新情報です。新年にごめでたいホットニュースです。
かたやまみきさんが故郷彦根の曲を作られました。
まだ、聞いてないのですね。
おめでとうです。
~~~~~~~~~~~~~~



 


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

ハスキー犬のジムの写真が一枚だけ・・

nonoblog Posted in いろいろ
0



ああ~~なつかしい!
ハスキー犬のジム。
11年間生きていた。暑い大阪で夏を過ごすのは過酷だったろう。
大きなゲージを買ったり訓練に出したりかなりの金食い犬だった。
下の娘がかいがいしく世話をし、結婚しても一緒に連れて行った。
子犬の時、余りにも可愛いいから、大型犬の大変さも知らずに決めた。
その頃流行っていた「犬のお医者さん」が人気だったのもある。

面白い犬であった。阪神大震災では、地震が起こる前に、
危険を察して教えてくれていたのだったが、こちらはうるさい!と、
怒っていたのだ。
上の娘が出産で長女を連れて来た事で、
上の娘を無視しだして、どんなに声をかけても顔を見なかった。
<自分より可愛がられている生き物を連れて来た奴>という認識をしたのだ。
一枚しか私のガラケーに入っていた写真。
暑さでばててるので、小さな扇風機を回していたのも懐かしい!
5時に散歩をしていた娘は凄かったとそんな事も思い出した新年だ。


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

懐かしいこんな犬・まだ動くで~~。

nonoblog Posted in いろいろ
0



何時のころだろうか?とある生命保険会社のおまけである。

なんとも言えないこのたれ目が溜まらない。

ネジを巻くともう、鈍いのだがなんとも言えない動きをする。

今年の年だから、出さねばね。前にも出したのだけど・・・。

掃除をしていたら出てき品物。

名前はまだない。つける趣味もない。


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「箱根駅伝」と母の思い出

nonoblog Posted in いろいろ
0



大好きだった高槻の家。
一番楽しい頃の風景だったと思う。
母に抱かれているのは私。
まさか、これから7年後に一家がバラバラになるなんて。
この頃の話は、カテゴリーの「幼き頃から」に綴っている。

母を思い出すのは命日でもなく、正月2日の箱根駅伝である。
私が40歳の始めの頃、認知症を発症した母を引き取った。
兄も姉も引き取るのを拒否した。
我が家の子供たちは中学生と高校生であった。
引き取ってから、2年程で認知症はひどくなった。
そんな中でも箱根駅伝を観るのが好きだった母。
高校野球もそうだった。

子どもたちと母が箱根駅伝を観だすと、皆で母を見ていた。
選手がゴールに差しかかると母を見る。
徐々に、顔を歪んで行き、「う~う~」と声をあげて泣くのだ。
選手は次々とゴールでたすきを渡す。
その度に「う~う~」と泣く。何回も泣くのだ。
子どもたちは駅伝には興味もなく、「泣くで~泣くで~」と母を見ている。
そして大笑いするのだ。
単純計算すれば21校×10区だから210回泣いていたことになる。
時には認知症がひどくなるので、家は暗くなりがちの中この日は笑えた。

昔は美しい人と評判だった母だったが、誰もが知る事も出来ない最後があると、
身を持って教えられたのだと、今は十分に分かる。
それ以来母が居なくても、DNAだろうか、今も箱根駅伝は観逃さない私である。
少しゴールで胸が詰まる事もある。やはり・・・・かな?
今も観ながら、綴っている。

今年の初短歌。
「認知症抱えた母を思い出すゴールに号泣す箱根駅伝」


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

あけましておめでとうございます!

nonoblog Posted in いろいろ
0

 

ことしも笑って行けますように!平和でありますように!



 


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

今年も終わりです・・・なんだかいそがしかった!

nonoblog Posted in いろいろ
0






いよいよ、今年も終わりだ。
一年の早いこと!びっくりする。
いろんな事が多かった年だったけど、強烈な事は怒りかも。
テレビでの国会中継はどんなにか腹立たしかった事か!
誰もがそうだったのに、選挙では野党共闘は出来なかった。
まだまだ、一般市民の側の政治が行われない事がはっきりした。
若い人達のこれからが、気がかりな事ばかりだ。
来年は一気に、憲法を変えようとするだろう。
そんなことを考えて、煮しめを作っている。
年末のぎりぎりに、八幡の<さくらふれあい館>で、マルシェの催しで、
八幡の喫茶「木もれび」の方たちのライブで、知り合いも一緒なので、出かけた。
もう、何十年もあっていないK君は、良い笑顔は変わらなかった。
彼からの開口一番で「やっぱり、年、いったな?」と笑顔で言われた。
「何十年も会ってないから、当たり前やね」と、返した。
レゲエ音楽のバンドで、ジャズをアレンジして演奏。
よく知っている曲で、私も立ってリズムに乗って体を動かして楽しんだ。
毎月第4日曜日にマルシェは行われているらしい。
地元の人たちの野菜や美味しいパン、コーヒーが売られている。
年末に楽しく、懐かしい人との出会いが今年の締めくくりだったなあ~~。


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

ショック!。銀行の指紋認証が通らなかった!

nonoblog Posted in いろいろ
0

只今、終活の一環で、銀行やカードの整理をしていて、
銀行のカード変をし、指紋認証をするために人指し指を、
のせたのだが、何回もやり直しで、若い綺麗な銀行員さんが、
「真ん中の方をまっすぐに!まっすぐに!」と言われ続け、
じっと見るとなんと、指自体が歪んで、少し曲がっているのだ。
言われるまで、こんな経験をするまで、全く曲がっている事に、気づかず。
銀行員さんに「私は病気が在ってそれで曲がっているのかもです。」と、
言う破目になり説明。で、無しで良いことになる。
いろんな指を見直すと少し曲がっているのだ。
持病のリュウマチではあるが、病院で「不幸中の幸いで、
曲がらないリュウマチだからラッキーだと思って下さい」と、
言われていたので安心していたのだ。
ただ老人特有の、物でもあると気づいたのだ。
政府で決められたかどうなのかは分からないが、
高齢化が進んでいる現在だとすれば、認証出来ない人は多くなっているだろう?
もう、その事への対応は考えられているのだろうか?