「泣き虫しょったんの奇跡」



















解説
異色の脱サラ棋士・瀬川晶司の自伝的小説を、松田龍平を主演に迎えて映画化。
将棋一筋だった主人公が、1度は挫折しながら再び夢に挑む。
主人公の親友かつライバルを演じるのは、松田の友人でもあるミュージシャンの野田洋次郎。
松田とは『青い春』などで組み、自身もかつてプロ棋士を
目指していた豊田利晃がメガホンを取った。
あらすじ

幼少期より将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田龍平)は、
プロ棋士の登竜門である新進棋士奨励会に入会する。
しかし、「26歳の誕生日までに四段昇格」という規定への重圧から勝てなくなり、
年齢制限により退会する。
途方もない絶望と挫折感を味わう晶司だったが、
親友の鈴木悠野(野田洋次郎)や家族など周囲の人々に支えられ、
夢をかなえるため再び立ちあがる。
~~~~~~~~~~~~~~

将棋の事は、全くと言って知らない。
松田龍平さんの映画は好きだから出かけた。
少しアンニュイな感じがあるのが好きかも知れない。
今、こういう俳優さんが少ない気がする。
力が入ってしまう人が多い中、貴重な気がする。
単行本が出ていたので帰りに買った。
映画化されたので、松田龍平さんの表紙になっていたが、元の表紙のデザインは、
雰囲気があって興味をそそる。まだ、本の方は少ししか読んでいないが、
どの世界にも、本人の意志とは違う組織の組まれ方などがあり、
個人の思いとは違うところでの戦いがどこでも多い事かと思える。
今、いろいろ問題になっているスポーツの世界でも同じなんだろうと。
一つの事で成し遂げるのは本当に大変な事なのだと、努力もあるが、
人との出会いなども大きいのではないだろうか?
将棋の話だが、色んな事を感じさせて貰える映画であった。
~~~~~~~~~~~~~~~~^^

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.