翁長知事の意志継ぐ・辺野古新基地建設stop




























1997ねん1月27日
辺野古の人々たちによって「命を守る会」が結成された。
その日から辺野古の海に基地を造らせないための、おじいやおばあたちの
座り込みが開始され8年間毎日続いてきた。
93歳のおばあは、「この海の恵みで子供たちを育ててきました。
宝の海を子孫に手渡すことが私たちの務めです。」と語る。

大阪でのアクションが行われた。
翁長知事が亡くなられて一週間、みんなの思いはこれからどうなるのか?と、
集まった雰囲気があった。
病気を克服されまた、その後も座り込みの中心に居て、不当な逮捕などされた
山城博治さんの講演があった。
その中でも「翁長知事の埋め立て承認の撤回表明は何としてもする」
翁長知事が発現された日は、本当は大変な体の状態だったと。
7月27日であったが亡くなられたのは8月8日だったのだ。
山城さんの話で8月11日追悼集会と決意を新たにした集会には7万人が集まったと。
印象深い話は翁長知事の次男である雄治さんの話で「父はどうしたら新基地建設を
止められるのか、病室のベットでも資料を読みあさり、一生懸命頑張っていた。
父翁長雄志にい辺野古新基地建設が止められたと報告したい」と訴えられた。
稲嶺進前名護市長は「翁長知事への追悼の思いを皆が持ち、今日のこの場に
集まったと思う。翁長知事にも皆の思い、声が届いたと思う」と強調した。

こうした報告やこれからの知事選挙の話などが話された。

その後沖縄・平和を歌う・川口真由美さんが力強く歌って下さった。

川口さんは座り込みの前でいつも歌われている。
辺野古ネーネーズなどとうたう歌。
あきらめない!
闇は光・嘘は誠のに勝てない真実は沈まない
私たちはあきらめない。
と素晴らしい力強い歌を聞いて逆に元気を貰った一日であった。
ほんの少し出来る事をしょうと。
こうした講演に来る事も大事かと。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.