漫才ギャング

20101102007fl00007viewrsz150x







この映画に東京の友人Aが、関わっていて、以前より面白いからと、薦められていた。

今回の震災でどうなるかと思った。実際に上映するにあたり、お笑い的な印象が強いので、

いろいろあったと思う。本来ならテレビに出て宣伝を、しているだろう時期に起こった事だった。

こちらも少し気分的にしんどい状態で、切り替えるつもりで出かけた。

オープニングから、すごいジャブで笑わせてくれた。 途中は、涙を流すほどの笑いの連続!。

内容は観てのお楽しみ。 今こそ この映画が上映された意味があると思った。

私達が元気にならないと、だめだと、気づいている人も多くなっている。

映画を観て、こんなに笑い、こんなに元気を貰ったのは、ないのではないか。

主役の<佐籐隆太さん>は、今回のことで、とてもナーバスになっていると聞いた。

映画館を出てすぐに友人Aにメールを送った。

<すばらしいよ。良かった。元気を貰った。佐藤さん!ナーバスにならないで>と気持ちを伝えた。

こんな面白い映画は、このところ無かったと思う。又 芸人さんたちの演技の上手さに感服した。

<監督の品川ヒロシさん!>、映画の歴史に残る作品を創られたと思う。

人は一ことのことばで元気を貰う<ことだま>があるように、<笑だま>を貰った.

「漫才ギャング」に、関わった人たちに、ありがとう! 万歳!

みんな 元気でいましょう。いっぱい食べて、笑って、次に蓄えましょう。映画に行こう。!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.