今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「黄金を抱いて翔べ」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

20120502007fl00007viewrsz150x

 

 

 

 

日本推理サスペンス大賞に輝く高村薫のデビュー小説を、『パッチギ!』シリーズなどの井筒和幸が実写化したクライム・ムービー。万全の警護システムが敷かれた銀行地下金庫からの金塊強奪に挑む男たちと計画の思わぬ行方を、息詰まるタッチで活写する。『悪人』の妻夫木聡、『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の浅野忠信、『BECK』の桐谷健太、『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行、東方神起のチャンミンなど、豪華な顔ぶれが結集。裏切りや疑心が交錯する物語に加え、計画の推移を綿密に追ったディテールにこだわった描写も必見。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

期待しすぎたからか、かなり 残念!

井筒監督作品が好きなので辛口は、やめたいけど、やはり残念!

良い役者とか、売れているチャンミンなど起用していたが、集客を意識してとの事と、

思ってしまう。むしろ 無名の味のある俳優の方がリアルに伝わったのでは。

1970年代の話を今において、リアルに描こうとして盛りだくさんになり、

逆に伝わらず観る者にとっては、苛立ちが残った。

原作を大事にするなら、もっとやり方があったのではないだろうか?

監督の想いが強いのは伝わるがなんだか、全体にかみ合ってなかった。

若い世代は、人気の役者を観に行っている感があるが、肝心の中身の極左、

スパイ、北の話、そこに絡む人間模様は理解できにくいのではなかったか?

残念ではあったが、観た者同士は議論するかも?かな。

 

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.