「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」

パガニーニ





















超絶技巧で有名な伝説的バイオリニスト、ニコロ・パガニーニの破天荒な人生と、

彼の人生を変えた2人の人物との出会いを描く伝記ドラマ。

スキャンダルが絶えない異端児パガニーニを、欧米で圧倒的人気を誇る天才バイオリニスト、

デイヴィッド・ギャレットが演じる。

監督は、『不滅の恋/ベートーヴェン』などのバーナード・ローズ。

共演には『リンカーン』などのジャレッド・ハリス、

『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』などのクリスチャン・マッケイらがそろう。

-----------------------

全篇を通し、素晴らしいバイオリン演奏の世界に引き込まれた。

パガニーニの伝記と彼の人生を変える彼女との出会いの話なんだが、

主人公を演じている俳優も女優をも、圧倒的な存在でその印象を、

バイオリン演奏が奪って、音楽が主人公だ。

俳優としてのデイヴィド・ギャレットより、やはり演奏のすごさが勝っていた。

不思議だが、彼の破天荒な行動と苦しみが、途中で<マイケル・ジャクソン>と

ダブってしまった。

彼をスターに仕立て上げる クリスチャン・マッケイが、映画の凄みを持たせていた。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.