映画「ⅯINAMATA」ミナマタ

日本における水俣病の惨事を世界に伝えたアメリカの写真家、ユージン・スミス氏の日本での取材を描くヒューマンドラマ。1971年から1974年の3年間にわたり、水俣で暮らしながら公害に苦しむ人々の日常と、闘いの日々を撮影した写真家を描く。『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などの製作を務めたアンドリュー・レヴィタスが監督を手掛け、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのジョニー・デップが主演を務め、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮らが共演する。

あらすじ

1971年、ニューヨークに住むフォトジャーナリストのユージン・スミス(ジョニー・デップ)は、過去の栄光にすがり酒に溺れる日々を送っていた。そんな折、日本のカメラマンとその通訳を務めるアイリーン(美波)が彼のスタジオを訪れる。アイリーンは日本の大企業チッソが工業排水を垂れ流した結果人々が病に倒れていると語り、ユージンに病気で苦しむ彼らの取材をしてほしいと訴える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

日本ではこのような映画は制作出来ないだろうと思ったのが、
正直な気持ちである。ジョニー・デップが・・とびっくりする。
しかし、存在感が凄くてくぎ付けになる。こんな俳優さんになっていたのだと。
白黒の写真の美しさに息をのむ、実際は水俣病で侵された子供や大人での写真なのだが、
その美しい写真であったからこそ世界に訴える力になったのだと思う。
今でも苦しんでいる人はある。まだまだ終わってはいない。
その後の世界に今の世界にどれだけの子供や大人の命が奪われたり、傷つけられているか!
今、実際に救いの手を出すことも出来ない現実が報道されていても何も出来ない現実がある。
この映画は地球規模の目線で描かれているのを投げかけてくれた。

~~~~~~~~~~~~~~~~^^

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA