今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

三上智恵監督のことば・沖縄タイムスより。

nonoblog Post in いろいろ
0

 



打ちのめされたけど

高江大弾圧の翌日も
やんばるの空は青く
雲は高みを目指し
緑は萌え
生きるものの営みは続く

ゲートができ
重機が列をなして置かれ
自分が何をしてるのか
皆目わかってない機動隊員が
炎天下に1メートルおきに並ぶ
異様な光景になってしまったけど

それでも鳥は歌い
蝉は命の限りに鳴く

そして
傷ついてうずくまることもなく
いつものように
県民はゲート前に集う

特に呼びかけもしないのに
100人以上朝から駆けつけた
朝日に照らされたその顔は
朗らかでさえあった

まだ終わってませんよ
これからですよ

口々に言う

また
またも
沖縄県民の強さは
私の予想を超えていく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
連日、高江の今は酷い状況。
そんな中でこんなすばらしい言葉を、怒りを抑えて紡いで
居られる三上智恵監督。本当の怒りがあるから・・・と。

先日、「三里塚に生きる」のドキュメンタリー映画を観た。
あの頃と、何も変らない日本の政治。弱いものへの暴挙!
村人が機動隊に向かっている言葉も沖縄の今も変わらない。
村人が「おらを殺せ!」と叫んでいる。
1996年に始まったことであった。
闘い方は少し違う所があるが、村の人々の土地を渡さない心からの
叫びは変らない。観る機会があれば、ぜひ観てほしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.