今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

御用・御用だ!川上!

nonoblog Post in カウンターの中と外
0

「実録・川上事件」「夏休みの友」よりJの報告・<聞き手 のの>として。

イラストはJ、さすがプロの漫画家。すべてみんなそっくりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは19年間の中でも歴史に残る最大の事件である。

その日、店主こと私は芝居の打ち合わせのため、店をJとPに任せ、京都に行く。

今のように携帯はない。店には時々電話をかけて様子を聞いたりする。

その日は11時過ぎに帰った。帰るとカウンターに誰かが居た形跡・・・?

何だか皆がざわついている。口々にいろんな事をを息を切らせながら話す。

そこへぜいぜいと息を切らしたおったん(トイレに白鯨を落とした)が、

「どこにもおらん!」と。

そして・・そのいきさつはこうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日は月曜日、比較的、暇な日だ。

女性スタッフだけの店だから、お客もその日バイトの無いスタッフがいたりする。

会社帰りの酒飲みKが一番、次に白玉ちゃんことプッツンさんが一緒に飲みだす。

スタッフ4人がぺちゃぺちゃと会話する中、見知らぬ客が入って来た。

地味な作業服を着た印象の薄い中年男性。

お絞りと箸を出すと「へぇ~箸紙も手づくりですか?」と感心していた。

「レトロな良い店ですね」とか、いろいろ褒め出す。

オブジェが良いとか裸電球も看板や玄関も素敵と賞賛しだした。

それぞれの分野を私の友人が作ってくれた。だから、私の店だがみんなの店でもあった。

看板は樹脂にビー玉を埋め込んで木枠で作られた絵描きのF氏。

<看板を作ってくれたF氏>

がはくふじわら

カウンターには、動物がハマッテいる。

これは手づくり木工のマー坊さん。

奥の4畳半ほどの床は、私がトンカチを握り

厚ベニヤ35センチ角を切りはめ込んだ。

劇団では女性もトンカチを握り、装置作りもするので

<お茶の子さいさい>だった。

そんな話を中年男に話すと「ママさんは?今日は?」

と聞くので劇団に行ったと。

その後もいろいろ話し女性4人に囲まれ大満足し、

一番高い<VSOP>をキープ。

「お近づきのしるしに一杯いかがですか?」とJにすすめて来た。

仕事中の二人は断り酒が好きなKが「じゃあ、一杯だけ」と、杯を交わした。

キープノートに記入して貰うので、ノートを出すと東京の上北沢と川上と書いた。

「東京の方ですか?単身赴任ですか?」「はい、単身赴任で来年の一月まで居ます。」

P「私のお父さんも単身赴任で、今独身寮にいます、寮ですか?」J「もしかして、

あそこの電気の?」「ええ」「この店はそこの人多いから、誰かから聞いて来られたの?」

「いえ、昨日来たばかりなんで」「ここは、ふだんそこの寮の人でにぎわっているから、

寮のめしや!みたいに言われてるくらいなんです」とJは張り切って、注文の料理を作った。

彼は公衆電話(ピンク)の所に行き「まだ仕事終りませんか?」「いい店ですよ」

「駅まで迎えに行きますよ」「どこでもいいですよ、迎えに行きますから」と電話を切った。

「一緒に単身赴任して来た同僚を誘いました」彼は景気良く10品位の注文をし、その上

やきめしとちゃんこも頼んだ。隣にいたKとプッツンちゃんもびっくり!えっと顔を見た。

かなりの量なので、食べられますか?と聞いたら、「ちょっと味見したくて」

Kはもう一杯頂いていた。プッツンさんが「もしかしておじさん九州じゃないですか?」

「ええ、そうですけど、良く分かりましたね」「九州なまりがあるから、九州弁好きなんで」

「君、名取裕子に似てるね」「たまに言われます」「君はあのフォークソングの二人の・・」

「トワエモアですか?」「そうそう、似てるわ」「昔言われました」とJが応える。

「その人、でもブスでしょ」「いや、仕事でテレビ局に行く事ありますが皆さん綺麗ですよ」

テレビ局?で、「どんな仕事されているですか?」とP、「電気技術です」なるほど・・。

Pに「夏目雅子さんにも会ったな、君少し、似てるよ」P照れる。

<夏目雅子とトワエモア>  <小林千登勢と名取裕子>

ぺんことじゅんぷっつんちゃんとK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kには小林千登勢と言われ皆、調子にのり<VSOP>は半分になった。

おもむろに「赤だしある?」「普通の味噌汁なら」

「じゃ~それを作っておいて、友達迎えに行ってくるから」と別の店に迎えに行くと、

「友達連れてすぐに戻るから、彼もきっと気に入るよ」と出て行く。そして・・・

彼の席に置いた味噌汁はすっかり冷え、

冷えた汁

30分経っても帰って来ず、皆もおかしいと?。

寮の常連も来たので、川上の事を言うと

「寮には単身赴任は入れないし、へんやな~~?」

でも、誰にかけていたのだあの電話?は、

皆に不安がぼちぼちとよぎりだしたその時、

おったん(白鯨をトイレに落とした)が入って来て

「ここ誰?」。みんなで今までのいきさつを言うと

「よっしゃ!探して来る!」とすわっ一大事と、

オットコ前に飛び出していった。

そこへ、私が帰って来、まだ何もいきさつも聞いてない時に、

ぜーぜーと入って来たおったんであったのだ。「おらんで!どこにも!」と。

<男前のおったん!>

あきこ

翌日寮の男の子が調べてくれた、川上も単身赴任の人も

存在しなかった。

私は川上のボトル<VSOP>を通常のキープ棚には置かず、

飾りだなに厳かに置いた。

その日以来、しばらくは川上遊びが流行った。

「二階堂キープ、川上につけといて」

「じゃあ~~友達迎えに行って来るから赤だし作っておいて」

と具合に・・。

 

 

しかし彼は何も言ってないのだ、電気関連会社・単身赴任・寮・九州・の話など

全てこちらが聞いて言っているのだ!お膳立てしていたのだ。

川上は、途中から<これは行ける!>と思ったのだ?

川上よ、いづこに! 店主のわたしゃ! お主の顔を見ていないのじゃ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.