大学芋つくりの季節

untitled















このお芋の季節は、孫5人のために 大学芋屋になる事多し。

大学芋の謂れとは・・・。

大学芋という名は、大正時代に、東京の神田近辺の大学生が好んで食べていたため、ついたといわれる。

また、昭和初期に東京大学の学生が学費を捻出するためにこれを作って売ったのが名前の由来だという説もあるが、

大学芋のメーカーである台東氷業(東京都台東区雷門)の話では、東京大学の赤門の前に三河屋というふかしいも屋があり、

大正初期に蜜にからめた芋を売ったのが大学生間での人気を呼びこの名がついたという。

三河屋は、1940年(昭和15年)まで門前で営業していた。また、早稲田大学のある高田馬場周辺が発祥であるという説もある。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.