短歌を始めて7年目に突入!

始めの頃を思い出すとおかしくなるのだが、本当に解らないままに続けて来た。
大胆にも、何とかなるのだと実感できるようになったのは確かかも。
月に一度顔を合わせて対面で短歌会をしているのだがコロナで対面出来ない時は
メールでと、何回もやり取りをしたりはっきりと解らない誤解があったりと、
大変だったのだが対面だと一首の中にいろんな想いを込められて詠んだ事などを、
話せて楽しくなる。今回の中で指導の方から、選んで貰ったのをちょっと、
お披露目させて貰う。恥ずかしながら・・・?です。
指導の方も私だけでなく皆さんはとても上達されていますと。
どこかへ出してもおかしくないと言われてうれしくなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

☆ 包丁のは先入れれば香り立つ王林名のごと真白き果肉

☆ 歌えたい言葉あれば腹からの声出しせねば届かむぞ総理

☆ かさかさと後ろから来る気配あり木の葉が冬を告げくる散歩

☆ 久々に孫たち五人揃い踏み玄関まえにて写真華やか

☆ 大阪城小さく見えるビル街でワクチン打ちて浦島太郎

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA