「すばらしき世界」久々の感動が!

『ゆれる』『永い言い訳』などの西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。『孤狼の血』などの役所広司が主演を務め、テレビディレクターを『静かな雨』などの仲野太賀、テレビプロデューサーを『MOTHER マザー』などの長澤まさみが演じている。橋爪功、梶芽衣子、六角精児らも名を連ねる。

あらすじ

下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

西川美和監督の作品はいつも観ている。丁寧に創られていると感心する。
今回も35年前の頃の話を今に置かれている。
その感覚にはいろんな感じ方があるだろうけど時代だけの問題だけでなく、
どの時代になっても人間の奥にあるいろんな感情や環境が何時までも、
そんなに簡単に変わるものではなく、今の時代、便利になった中で、
もっと人間の複雑さが、あらゆる面であり変わらないのだと思わされた。
優しさとは反する攻撃的な主人公の中にある複雑な環境は正義感が、
どうしょうもなく、苦虫をかみながらやっと時代に合わせて生きようとした、
その事に観る側もなんともやるせない気持ちにさせて行く。

仲野太賀演じる津乃田に救われる所も多かった。
この俳優さんはなんとも言えない味があって素敵だった。
もちろん、役所広司さんは凄かった。
今までにこんな役が余りなかったのではと思わせられた。
内にある優しさとか、真面目さとかを持ち合わせている主人公だから、
役所さんが良かったのだと思う。
良い映画をコロナ渦でやっと映画館に行けた幸せ気分にさせて貰った。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA