今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「福島県民調査結果」 健康被害が進行

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

 

以下のことがメールにて来ました。

何も解決しないまま海外に原発を進めようとする国があるでしょうか?

===============-
昨日発表された「福島県県民調査結果」への集団疎開裁判の弁護士の井戸謙一さんのコメントが、

伝わってきました。正しい情報がなかなか伝わりませんが、放射能の健康被害は進行しています。

以下、コメントです。

・・・・・昨日公表された福島県県民健康管理調査の結果・・・・
ほとんど報道されていませんので,正確な数字をお知らせします。
平成23年度 検査実施者4万0764人のうちB判定205人(0.50%),

そのうち二次検査実施者166人,そのうち悪性(疑いを含む)は11人(二次検査実施者の6.6%)
平成24年度 検査実施者13万4735人のうちB判定935人(0.69%),

そのうち二次検査実施者255人,そのうち悪性(疑いを含む)は16人(二次検査実施者の6.3%)
すなわち,平成23年度も平成24年度も2次検査実施者のほぼ同じ割合で甲状腺ガン(疑いを含む)が出ています。
そうすると,平成23年度と平成24年度のB判定者全員の2次検査が終了すれば,

合計1140人(205人+935人)の少なくとも6.3%,

71人程度が既に甲状腺ガンにかかっているという結果になる可能性があります。
しかも,この数字には,最もヨウ素131の被曝がひどいとされるいわき市方面の数字は入っていないのです。
ふくしま集団疎開裁判の仙台高裁がいった「由々しき事態」は,既に進行中だと言わざるを得ません。
しかるに,この世の中の静けさは何なのでしょう。(以上)

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.