今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

9・11・・法然院で法要。 

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

                                                                                                              法然院  本堂近くの庭。

震災から半年の9・11あちらこちらで デモがあった。この日それぞれがいろんな形で、

行動された。そんな中、「東北関東大震災 物故衆生 月忌(がっき)追悼法要」に参加した。

法要の後に参加した 善気山専修念佛塾に出てみた。「親鸞」の勉強会だった。

宗教とはなにか、仏教とはなにか?

生きているうちに人はいろんな物を求める。

しかし、生きている間に幸せなどは、求めてもなかなかないのだ、とはっきり言われた。

人間は<我が>がある。このことはずっと生きている間ある、この<我が>を取り除けない、

それが、ひとりひとりのものであったり、大勢の<我が>になり、企業や国になり、今回のような、

原発を持つようになる。煩悩も桁はずれの煩悩なのだ。人間の愚かさというものが、私達の

苦しみを招いたのは間違いがない。こうした個人ではなく社会が生み出した煩悩により人は

苦しまされている。この苦しみとは、別に仏教があるのではない。別の仏教があるとしたらそれは

まやかしのものである。仏教の根本は苦からの解放ということを目指すことであって、その苦は己の

苦だけを解放するものではない。と。。

もっと難しい話があったのですが、私の心に残った部分です。 これは「阿満利麿」さんのはなしでした。

ーーーーーーーーーーーー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.