「砂の器」の舞台・亀嵩駅に行く。



IMG_1389 IMG_1388 IMG_1381































(木次駅、動けば写真を撮ろうとひたすら待ったが、ただ、停まっていただけ。)

(一日3往復のみ。)

先日、広島に行ったおり、「砂の器」の舞台 亀嵩駅に寄った。

とても淋しい駅。あの映画を少しづつ思い出す.

帰ったら、もう一度じっくりと、観たいという衝動が強まった。

東北の地方の方言が、キーワードになっていて、この駅は重要だった。

1970年、加藤剛が主役の映画が、良かった。

駅には、誰もいない。駅員さんを兼ねてこの蕎麦屋さんがやっているらしい。

この蕎麦屋さんは、美味しいと評判らしい。夕飯の時間があったので、誘惑に

のらないで我慢したが、こんな遠くに来る事もなかなかないので、後に後悔した。

誰もいない改札から中に入って撮影。断りもしないで入ったが何も言われない。

木次線、一日三本位しか走らないデイーゼル車、印象深い亀嵩駅だった。

ツタヤに行かねば!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.