今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

福島の子供を救おう!!

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

昨夜のニュースでも、フクシマの子供の汚染量を測るために、渡利地区の中学生が、

首やカバンなどに測定器をぶら下げて、登校する姿を見たり、保育所でも、外で遊ばせるのは10分しかないと、

聞かされると、本当に急がないとダメなんではないかと、誰しもが思っている。何も分からない子供が

一番の犠牲者になる。手遅れにならないうちにもっと政府が早く動いてくれる事を願わずにいられない。

Avaazからの情報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本在住の皆様へ,



Avaaz の代理として、佐野美博に署名を届けるアイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)
すばらしい結果です!わずか3日間で12万もの人々が団結し、福島の子供たちを救うため抗議の声を上げました。
そして先週金曜日、私たちのメッセージは日本の非政府組織グリーン・アクションによって総理大臣に届けられました。
大きな第一歩を踏み出しましたが、道のりはまだまだ先です。

政府は未だに、緊急避難支援を実施しません。その間にも、人々は日一日と放射能にさらされ続け、それは現在
そして今後何十年にもわたり、深刻な健康被害を助長していくのです。今なお高レベル汚染地区に閉じ込められ、
そこからの避難を切望している福島市の子供たちや渡利の住民にとって、最後の希望の源は人々の力です。

先週、すばらしいことが起こりました。日本中の12万もの人々が団結し、福島の人々と協力しあって抗議し、
政府に対して彼らを守るため行動するよう要求したのです。
私たちはすばやくキャンペーン活動を主催しましたが、簡単に解散したりはしません。
今後数週間のうちに、政治集会やイベント、抗議デモ、マスコミの報道、その他様々なことがあるでしょう。
油断することなく、私たちの声が聞き届けられるよう行動しなければなりません。
そこで、次に私たちが何をすべきか決めるため、調査質問を短くまとめました。
下をクリックして、次に取るべき行動を一緒に決めましょう:

http://www.avaaz.org/jp/japan_reportback_and_poll/?vl

8ヶ月間もの間すべては安全だと言い続けてきた政府にとって、福島周辺の事態がどれだけ深刻か認めるのは、
容易なことではないでしょう。しかし私たちは事実がまったく逆であることを、すべてが安全ではないということを知っています。
そして今、大勢の日本の人々が抗議の声を上げていけば、こういった政治家による言葉のあやを断ち切り、
人々を救い復興に向かって進んでいくことができるのです。

日本を復興へ導くためには、これまでにない規模の人々による運動が必要です。
何十万もの人々を動員し、すばやく効率的に反応し、メディアや世論、政治討論を形作るような運動です。
今、福島の母親と子供たちを支援することで、私たち一人一人がその一歩を踏み出しているのです。

すべきことは山のようにありますが、まず互いの存在に感謝しあい、未来への基礎を築きましょう。
この投票は、私たちの今後の行動に直接影響します。またAvaazは、オンライン上で投票結果を公表します。
時間をとって、短い質問に答えてください:

http://www.avaaz.org/jp/japan_reportback_and_poll/?vl

希望を込めて

Luis, Emma, Mia, Iain, Kya, およびAvaazチーム一同より

PS: 嘆願書受け渡しの写真はこちらから:
http://www.flickr.com/photos/avaaz/sets/72157627977899457/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.