なつかしい~~韓国での芝居・「おこんじょうるり」





これは、ソウルで演劇を勉強中の方から送られて来たものです。

彼から今年、突然に以下のようなメールが届いたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして。私はソウルの西江(ソガン)大学に籍をおく留学生
で、「日・韓現代演劇交流」を研究対象にしている者です。お尋
ねしたいことがあります。
1996年の第2回「春川国際演劇祭」に日本から「真理の会」
という劇団が参加し、11月1日に『ぢらい』を上演したと
いう記録が残っています。これは「自立の会」を「真理の会」と
間違えたものなのか、あるいは「真理の会」という劇団が存在す
>るのか…。なにかご存知でしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、いう文面でした。そして間違いなく「自立の会」であるという事などや

どういう経緯で参加したのかとかを、いろいろやり取りしていました。

そして、2回目に釜山で開かれた国際演劇祭に参加した作品「おこんじょうるり」の

写真が送られてきたのです。それが上の写真です。

懐かしいのと、このメンバーの内3人が亡くなられていることを思い胸がつまりました。

私も実に若いなぁ~と、感慨ひとしおです。人は大したことをしてないようで、

ほんの少し、足跡を残しているんだと思い、送ってくださった彼に感謝です。

韓国は演劇にはとても熱心で、市が、小さな劇団にも稽古場や劇場の援助をしていました。

それに比べたら、日本の文化、特に大阪は、これからどうなるのでしょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.