ひらかた九条の会・湯浅 誠・講演

9月8日に湯浅誠さんの講演に参加しした。

枚方にしては、参加者が多かったのではないかと思ったが(650人)中身はシニアばかり。

何処に参加してもこうした傾向が見受けられる。デモなどは、若い人たちの参加が多いのに、

こうした問題ではいつも同じ風景だ。

今、大阪は特に九条の問題には危機感を持つ事柄が多く、目が離せないように思う。

そして、じわじわと九条を変えようとしている勢力が、目立ち始めている。

湯浅さんの話は、九条にも、関わるが25条についてのはなしだった。

貧困・格差の問題だった。

印象的な話で覚えている部分で、言えば、私達は、主権者ということだ。

選挙だけでなく、いつでも、おまかせではなく、一人ひとりが意見を持って行動することにより、

賛同する人たちやそうでない人とも向き合って行くことだと。

次に書かれた本のタイトルは「ヒーローを待っていても世界は変らない」と、言う本らしい。

今、みんな、ヒーローを待ってしまっているから、危うい人たちに集まりがちになっているのだ。

はっきり物を言う人間に、何かあるのでは?変えてくれるのでは?と、思いがちなんだが、

これが、本当に危険なんだと思う。

この日話されたことと似たような話を、紹介する。

http://www.youtube.com/watch?v=hr-1yxFeN8I


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加