夕べの夜中に<僕ココア>は旅立った。

小さな保護猫赤ちゃんだった「ココア」は岡山から来た子だった。
とても人に慣れて甘えただった。私は娘との同居をやめて、
別の所に住んだのだが、庭の手入れや孫たちのご飯などを、
作りに行くと私の車の音で玄関に居てゴロゴロと寝転んで、
撫でて撫でてと要求する姿がたまらなく可愛かった。
昨日もう危ないと聞いて会いに行きたかったのだが、
コロナの事で来ない方が良いと言われ、とうとう会えずにいた。
夕べの夜中に亡くなったらしい。性格の良い猫だった。
猫は娘の小さな時から飼いだしていたが、その後娘は結婚して、
猫を飼うのが当たり前のようになっていたが、別れは当たり前に、
あるものだ。前の猫は私にはなつかなかったのに、亡くなった時は、
私の部屋のドアーの前で亡くなった。
人と猫は不思議な関係があるものだと思う。
ココア!やすらかに!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA