今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「まだまにあうのなら」を、今一度。

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

( 小冊子の方は315円  TEL03-3258-1251   地湧社。 本は1050円。)

「まだまにあうのなら」 甘庶珠恵子著(カンシャ タエコ)。地湧社を、購入にし読む。

チェルノブイリ事故の後、一年後に長い手紙として書かれたのが、本になり、50万人の人に読まれた。

そしてその8年後この本を、訳されて、「わたしたちの涙でゆきだるまが溶けた」の作文集が生まれた。

私も、きっと人に薦められていたかも知れない。しかし、その頃、そうした意識をもち得ていなかった。

今こそ、子供を持つあらゆる人々にもう一度、読んで欲しいと思った。福島のお母さんに届けたい。

編集部の人は、「本が出来た時まさか、50万人ものひとに迎えられると思っていなかった。

当時ある人から50冊の注文があり、その時の添え書きに、「京都地下鉄で、子供を負ぶったお母さんが、

改札を出てくる人に冊子を配っておられた人がいて、子供を連ていた私も受け取り帰って読んで注文します」と。

このような注文が相次いで起こり、知人や見知らぬ人に配ってくれたのです。もはや価格のついたものでなく

書き手の<魂そのもの>が野火のように伝播していったのでしょう。」と。

2006年刊行さらた本は、甘庶さんの「19年目の手紙」として書き下ろしもあり、英語版も付いている。

この中では、甘庶さんは「まだ、まにあう」とおもっているのですとかかれています。

一部、はじめの文章と、最後を紹介します。まったくの普通の主婦が書かれた事でも、注目されたそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「何という悲しい時代を迎えたことでしょう。今まで、自分の子供に、家族に、ごく少量ずつでも、何年か何十年か
のちには必ずその効果が、現れてくるという毒を、毎日の三度、三度の食事に混ぜて食べさせている母親が、
いたでしょうか」
ーーーーーーーーーーーーーー
今、私は絶望の崖っぷちに立って震えています。
人類滅亡の時が見えるようでーーーーーー
でも、その淵からまた見えるものも一方にあるのです。
もし、もしこのことがじつげんしたならば、この淵を乗り越えることができたならば、
私達人類は生き延びて、そして今までと全く違った価値観で世の中が動いてゆく・・・
そんな世界が広がるのだと。ずーーっとむこうに、一条の光を見る思いがするのです。
私達は今、岐路に立たされているのだと思っています。
。そのどちらかの道をとることで、私達人類の運命が決まるのだと思っています。
すべてのことがらを、”いのち”の方から見ようではうありませんか。
私たち女性、ことに母親には、先天的にと言うか、本能的にこの偉大な能力が与えられています。
そのことを、実感したことはありませんか。
私達母親のもっているものって、本当は凄い物だとおもいます。
どんな科学も知識もたちうちできないものだと思います。
この混迷の世を救う力を私たち母親が秘めているのだと、実は思っているのです。
この地球、そして宇宙は大調和が保たれている世界です。
補い合い、扶け合うことによってその調和が保たれている世界です。生命体です。
私は、それを神とも思っていますが、その神、母なるものに対して、私は申し訳なさでいっぱいです。
これ以上、傷つけ、痛めてはいけない。この神、母は、私たち一人一人でもあるのですもの。
みんな、みんな同じ、同じいのちなのです。
みんなの乗っているこの船は、地球の破壊へとまっしぐらに進む船。早く気づいて降りましょう。
一ぬーけた、二ぬーけた。
原子力は無用なのです。そして原子力は人類と共存できません。
1987年  5月       甘庶珠恵子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.