今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

可愛いビーナスの花・咲きました。

nonoblog Post in いろいろ
0



名前が良いので買ったのは、3年ほど前。
20センチもない位の小さな苗木だったのが、
1,5メートル位まで伸びた。
今年はどの花も木も、良い状態で育っているようだ。
こんなはっきりとしている年は珍しい気がする。
この、ビーナスの木も冬の間、部屋に入れていた時、
どんどんと新芽を出して伸びたのだ。
いっぱい、蕾もつけている。
白く、ちいさな花が品がいいので見るだけで癒される。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

三上智恵監督から・・・古謝美佐子さんの歌が・・

nonoblog Post in いろいろ
0


三上監督からの情報です。古謝美佐子の歌、長く聞いてない。

聞きたかったな~~!。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

 

「標的の島」最終日の奇跡

今日で新作映画「標的の島」の
沖縄での上映が終了したのですが



なんと最終日に
奇跡が起こりました!

エンドロールが終わり
会場が暗くなると
イントロが流れ出し

後ろの席に座っていた
古謝美佐子さんが
歌い出す

すると会場にいた
あと3人の
うない組のメンバーが
次々に歌い出して
通路が花道のようになって
ステージに登って行く4人

会場にいた人々は
サプライズに興奮の坩堝!
この神がかった演出は
みんな美佐子さんが考えて
うない組の皆さんが快諾し
協力してくださったものです

わずかしかご用意できない
謝礼ですが
それさえ受け取らず
本当に真心、気持ちだけで
すごいサプライズを下さいました!

映画の余韻をもっと深く刻み
うちなーの思いを歌で包み込んで
奇跡的に立ち会った会場の皆さんと
共有して
共鳴して

映画に描かれているのは
切ない現状と
切ない思いだけれど
もっと大きな慈愛
もっと揺らがない希望が
確かに立ち現れたかのような
そんな瞬間だったと思います

昨日、映画をご覧になり
その場で今日の段取りを決めて
桜坂劇場の下地支配人も
会場の担当者も
照明などを即座に用意してくださって

私はなーんにもしてないのに
プロの皆さんがささっと
ここまでの演出を瞬時に完成させた

脱帽です

美佐子さん
うない組の皆さん

どうもありがとうございました
心から感謝いたします
皆さんの歌と思いを乗せて
この映画がますます膨らんで
全国あちこちで大事なものを
伝えて歩いてくれますように!

こうやって
「標的の島 風かたか」は
沖縄での公開を終えて
まだ見ていない
全国の皆さんのところに参ります!

もっと見る
画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

アレンジフラワーを頂き・魚籠に活ける。

nonoblog Post in いろいろ
0



 

 

 

 

 

お昼に出かけた所でフラワーアレンジをしたと、
知り合いの方から頂いた。
先日、部屋の片付けをしていた時に、この魚籠を花かごにと、
考えていたまさにそのタイミングで届いたのでびっくり!
これが以心伝心なのだろうか?
また、似合っているではないか!
こうした小さな事への喜びを増やそう。
暑い夏に弱いから・・。元気を頂いた!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

五月花形歌舞伎/市川猿之助さん!きゃ~~!

nonoblog Post in いろいろ
0




 

 

女性5人と歌舞伎観劇に、大阪・松竹座。
玄関前の幟を見るだけでわくわく感がして来る。
入り口はほぼ女性人だ。
本日は生協の貸切のようで、私達も生協の割引の値段で、
抽選で安く入場券を手に入れられのだ。
そんな割引があるのも知らなかったのだが幸運だった。
昼の部に席を満席にするのは興行的には難しくなっているのかも。

昼の部では猿之助さんの宙つりがあり、屋号の澤瀉屋!と声をかけたかった。
あの声をかけるのはタイミングとか、声のハリとかが、命のような気がする。
とても勇気のいる事だ。時には上手くない人もいるのだけど。
なかなか出来ないものである。

 

中村七之助 市川猿之助、中村勘九郎さんの豪華さ。

三人が楽しく話しておられるサイト。

http://www.kabuki-bito.jp/news/3955

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

贅沢な豆ご飯が出来た!最高!

nonoblog Post in いろいろ
0



友人から朝採り一番のえんどう豆を、こんなにも大量に頂いた。
毎年毎年、えんどう豆は値段が高くなるばかりで簡単に豆ご飯など、
出来ない世の中になっている。
いつの頃からこんなに高い代物になってしまったのだろう。
私などが小学校から帰ると祖母が待ち受けていて、豆を剥かされたものだ。
そして、豆ご飯、豆の卵とじなどが毎日のように続いたものだった。
今は高級品になってしまっている。
頂いた豆は新種らしく、皮に厚みがあり、スナップエンドウの皮に似ていた。
剥いていると皮も美味しそうなので、ひょっとしたら料理のやり方では、
食べる事が出来るのではと思った位だった。
豆ご飯にすると、柔らかく豆自体が崩れる位だった。
風味が広がって美味しくありがたく頂いた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

田んぼの中にひっそりとした神社。

nonoblog Post in いろいろ
0


友人の家庭菜園の傍に小さな神社があった。
「凌森神社」とある。
岩清水八幡宮の近くなので、その関係があるようだ。
奥へ通じる道の直ぐ向こうに川である。
昔はここから橋などがあって八幡宮に参ったのではないかと思われた。
何も記されているものがないので、分らないが想像すると考えられ事がある。

八幡の隣は、橋本と言う所で八幡の神社を参って橋本の宿場で泊まる。
昔、男衆は神参りと称して、遊郭遊びもあったのであるから納得する。
落語などではこの手の話がよく出てくる。
淀川を高槻や大山崎方面からは渡し船があって橋本に着いたと、
言う話も聞いた事がある。
現在68歳位の人が川向こうに住んでいて、父親といっしょに船で橋本に
来たと言っていた。父親に外で遊ぶように言われてお菓子などを、
貰ってまた、父親と船で帰ったと話をしていた。
なんだかのんびりとしていて、世の中、その頃が良かったのか、
どうなのか、分らないが今はのんびりしていられないな~~と。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

友人の家庭菜園で水やり・イチゴとスナップエンドウ・・・。

nonoblog Post in いろいろ
0


古くからのお付き合いのご夫婦が借りている家庭菜園。
しばらく旅行に行くとの事なので、水やりの助っとをする事になった。
以前知り合いのTさん一家と農園を借りていた時があったのだが、
陽当たりが悪く、水などは綺麗な小川があるので、
困らなかったのだが、素人が作るには苦労した。

この畑は、ご夫婦は自然に託す方法で、殆ど手をかけない。
ただ、水をやるだけという方法を取っているので楽である。
道のりは30分かかる。昔、毎日劇団に通っていた淀である。
木津川沿いにまだ、農園が少し残っている場所で静かでほっとする。
虫と太陽に弱い私なので、作業はあっさりとして、終えた。
イチゴとスナップエンドウをご褒美に頂いた。
自然栽培の野菜は旨みがある。感謝!
エゴマを育てて貰って、キムチ漬けをする楽しみが待ち受けている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

闘うココアです・面白い猫です・

nonoblog Post in いろいろ
0



性格の良いお父さん猫のココア。

なんとこの小さなアヒル?と一時間も闘っていたそうだ。

家に行くと私の車の音で、外に出ている時は傍に出て来る。

犬のような猫。癒してくれる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

短歌を始めて1年・・作品集が作られて・・

nonoblog Post in いろいろ
0



映画の上映会を手伝って貰った方の関係で昨年の4月に、
短歌の会に参加させて貰って一年が経ち、短歌集が出来た。
恥ずかしい限りなのだけど、嬉しさも時間と共に感じられ、
全く未知の世界だったのに、こんなにも続けられて行く自分を、
新鮮に受け止められている。
月に一度三首を提出し、10人のメンバーでいろいろと意見を出し合い、
纏めて貰える。主に指導してくださる方が居られるのが心強い。
纏まらないで困っている言葉を見事に、美しく、分りやすくして頂ける。
それぞれの個性があり、月に一度の集まりがとても楽しみになって来ている。

丁度、病院で手にした本「老いを創める(はじ)」 日野原重明、
その中に「老いることはまたたのしからずや、創めることをわすれさえしなければ」と。
本当に去年の今頃に新しく創めた短歌、この言葉どうりで嬉しい一言であった。

先日、法然院への震災悲願会に行った時、見事な藤を見て昨日提出した短歌。
じっとその世界の中で、観察したのが出ていると褒めていただいた。
子どものように、嬉しい気分で夕べはぐっすりと眠りについた。

「山門をくぐれば藤波迎えくれ法然院の震災悲願会」

「門前に広がり満つる藤波は天より舞いおり舞っておるがに」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

花が今年はみごとに咲く・冬を上手く越せて

nonoblog Post in いろいろ
0



 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期なると、楽しませてくれる花々だが、冬を越すのが、決めてのようだ。
以前は、寒い風に当たらないように、いろいろと移動していたのだ。
今年は朝日が良く当たる場所から移動させずにいた。
風や雪などは、風の強いのが吹かない限り、避けられていたのが、良かったのだろう。
見事に咲いてくれている。
小さな苗の小花は、名前が分らないのだが、可愛い花だ。
気を配りすぎもダメな事が分った。自然に任せると強くなるのかもだ。

老体はそうは行かないのが悲しいがね。
人間は手を加えて鍛えないと、衰える。今は腸ヨガが良い調子のようである。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!