今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃から・・・2・・・白い紙

nonoblog Post in 幼き頃から
0



 

 

 

 

 

 

 

 

<母に、抱かれているのは私>

 

父が帰って来た時だけ遅い時間でも うるさく云われる事もなく 少しは甘えられる時間が持たされていた。

でも父は余り娘たちの話は聞いていなかったように思う。「うんうん」とだけ返事だけはしていたのだが。

自分が機嫌のいい時は土産を持って帰り、寝ている私たちを起こして冗談を云い、受けて笑うと何度も同じ冗談を

繰り返し楽しげあった。 そんな時の父は金回りが良く、私達もその事を把握していて、今だとばかりに、

学校でいる物や服、運動靴がもうぼろぼろである事など、姉と競って言い、お金を貰う事が出来た。

こんな事が、いつまでも続いてくれるようにと願いながら、息をひそめずに、眠りにつける日であった。

父の事業が失敗し、母が出て行き、こんな生活を続けてもう4,5年なりかけていた。

戦前も戦争中も戦後も商才に長けていた父は、いくつもの会社を経営し、父方の中では成功を収めた人と、

親戚や母方の人間からも特別に扱われていた。また、その恩恵を受けて生活をしていた人間も多かったはずである。

気の良い父は 金があると後先を考えず人に振舞うところがあり、よく騙されることもあったようだ。

そのために いざという時の用意も用心深さもなく 大らかにに生活していた。

商才があっても経営という点では 実際はどうであったかと思う。

祖母の家に転がり込むようになったこの事業の失敗は、相当に大きな物だったようであった。

住んでいた家や山や土地はもちろん、父が娘たちのために、有名な人形師に創らせた雛人形も、

競に賭けられていた。 家の庭や道路にも、荷が運び出され、白い紙が張られ、訳の分からない人達が

口々に何かを言って白い紙を張っていく。あまりにも幼い私は何も分からず、ただ不安感だけは強烈に

覚えた。後にその事が何かの折、胸をドキドキとさせることになる。

下の写真は兄の為に野球が出来るように、広場のような運動場があった。

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

ぼくの両親です。

nonoblog Post in ぼくを楽しんで
0

紹介が遅くなりました。 やっとぼくの両親を紹介出来ます。

なかなか みんなじっとしてないので 家族写真が撮れなかったのです。

今日 少し暖かい場所を見つけて ごろごろしていた処です。

とうさんは太っています。 箒になりそうなしっぽをいつもフリフリして

いるのでぼくはそのしっぽで遊ぶのが大好き! かあさんは少しすまして

ツンとしています。生まれの血筋でプライドが高いのかも。

ぼくはまだまだ どちらに似ているか分かりません。

でも 今は家族と居れるので快適!

 

IMG_0532 IMG_9328

IMG_3027


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

なつかしいものが出て来た。

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

机を整理していたらこんなものが見つかった。 娘たちが幼い頃の会話で

余りに可愛いのでメモっていたのや 保育所の連絡帳の中からの面白いのを

書きとめていたメモです。 読んで一人ウルウルしてしまいました。

~~~~~~~~~~~~~

ちーちゃんの詩

3才ーーー

かあさん お月さま かけてるネ

どうしてかけているのかしら

かあさん お月さまうごいているワ

どこに いくのかしら

きっとおうちにかえるのネ

かあさん お月さまのおうちはどこ

お月さま どうして おうちにかえるのかなー

もう まっくらになったからかなー

あっ お星さま あそこにも あそこにもいるわ

どうして あそこにも あそこにも いるのかなー

5才

にんじんの声が聞こえるよ、サクサクサク

キャベツの声がするよ シャキシャキシャキ

きゅうりの声もするネ カリカリカリ

みんな お口の中で聞こえている

聞いて聞いて おかあさん!

~~~~~~~~

3才 連絡帳より

ちーちゃんがあくびをしました

ちーちゃんねむいのかな

おくちがねむいの

~~~~~~~

小さな虫を手でぷっちとつぶした男の子

その虫をポケットに入れた女の子

そのそばで

ちー  「お墓にいれてやり云うたのに」

~~~~~~~~~

4才 妹ゆうとの会話

ちー 「ゆうちゃん 大きくなったら何になりたいの」

ゆう「にんげん!」

ちー「にんげんはみんな にんげんやんか」

ゆう「おとなのにんげん!」

ちー「ちがうの!」

ゆう「ごう ひろみ」

~~~~~~~

そうなんです。ごうひろみが大人気のころでした。

二人の娘も3人とふたりの子持ちになってあの頃の私のように

子育て真っ最中です。

こんな おもちゃも 孫のものになっています。

untitled

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

ぼくはまだいる。

nonoblog Post in ぼくを楽しんで
0

Image2401-150x150-144x144日に日に 大きくなるぼくです。仮の名のまま チビタです。

次の飼い主が見つからない訳でもなく なんとなく可愛がられてまだこの家に

両親のココ父さんとミルク母さんと仲良く 快適に過ごしています。

おっぱいもまだ飲んでいますが父や母の食べ物もしっかり食べています。

いたずらも大好き ここの子供のズボンに朝からおしっこをしてやったら泣いていました。

ちょっと悪かったかな?でも まだこの家にいる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「ブラシの木」

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

Image225-150x150-150x150-150x150

昨日 今日とすごい雨、やっとやんだので外に出るとブラシの木が咲いていた。

4年前に大きな木を、玄関のところに植えたが、時期が悪かったのか、枯れてしまいがっかり。

よく見ると、枯れた本体の横から小さな子供が芽を出していたので大事に植木鉢に移し変えた。

その苗が、2年前から花をつけるようになった。本当にコップを洗うブラシのよう。

公園で赤く風になびいているのが印象的だったので、凄く欲しかった木。

まだまだ植木鉢なので小さいままだが 赤が鮮やかな色でこれからが楽しみ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

今日 お嫁に行きました。

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

先日の陶芸展に出品した作品で大きな1輪挿しのひとつが 日ごろお世話になっている友人の

ところにお嫁に行きました。友人のお母さんもお気に入りだったとかで良かったです。

どんな花が似合うかもきいて貰ったので 想像出来るのでうれしい。

可愛がって貰って 花も花器も生き生きとしてくれたら 何よりです。

untitled


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

カラーを活けて見た

nonoblog Post in 陶芸
0

Image213 sukinamono

 

 

 

 

 

 

 

先日の陶芸展での作品にカラーをこんな風に活けて見ました。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃から・・・1・・・意地悪なばあさん

nonoblog Post in 幼き頃から
0

昔から何かの折に 幼い頃のことを思い出す。

映像を観るように出てくる物事がある。

その話をミニミニ物語として 綴ることにした。

思い出していく話で つづく・・・になる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



 

 

 

 

 

 

 

<写真は、父方の親戚と、母と母の妹>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「早よう寝~や、もう8時半やで。電気代も、もったいないし、明るいとこっちは

寝らえへん」、また同じ時間に同じ言葉が、襖ごしに聞こえて来る。

しゃがれ声で何処となく意地の悪い祖母の声だ。

ラジオはつけっぱなしなのに もったいないもないものだ。

今日も浪曲で 広沢虎造のうなり声が聞こえている。

<頃は六月~~中のころ~~~~> もう、聞きあきたわ~~~

「もうちょっと勉強せなあかんねん。明日試験やし」と 姉が答える。

「ふん! 女子(おなご)がそんなに勉強せんかてええのに」と意地悪な声。

私は、いつものように成り行きを見守り、息をひそめ、布団の中でじっと天井を見上げ、

「あ~あ またや」と。<波風を立てないよう、良い子ぶって寝たふりしていよう、

そうすれば火の粉をかぶらずにすむ。>

狭い廊下で小さな机、小さなスタンドをつけて、明日の試験に向かっている姉を

布団の隙間から盗み見ている私。

その後も、時折祖母の声がブツブツ言っているのが聞こえる。祖父と話をしている。

祖父は目が 不自由であったがとてもやさしく、また器用な人であった。

若い頃からお酒が好きで、戦後、メチールアルコールとかいうのを飲み、

目が見えなくなったらしい。

戦後はそんな人が珍しくなかったとか。

が、なんとなく世間の目は、良い様には言ってなかった気がする。

本来の手先の器用さで、裏の小さな庭はいつも四季折々にいろんな花を咲かせていた。

あれは誰に見せるための花だったのか? 祖母のためだったのか?

幼心にもこの人は本当は目が見えているのに、見えないふりをしているのではないかと、

時々思ったりした。

いろんな事を観察するのが好きな私は、祖父の行動はいくら見ていても退屈しなかった。

見えていないまなざしは いつも優しかった。祖父と祖母は 祖母の方が10歳も年上であった。

私たちの本当の祖父が亡くなった後、布団職人の祖父と駆け落ち同然で

一緒になったと、大きくなってから誰かから聞かされた。

祖母には、成人した子供が私の父も含め4人もいたので10歳も年下の、それも結婚経験もない男と

一緒になるなんて、なんて凄い!ことをしたのか!

そりゃ、駆け落ちのような事でもしないと一緒になれなかっただろう。

明治生まれの人にしては、本当に思い切った生き方をしたもんだと感心する。

このような事は、幼い頃は知る由もなく、後で成人してから親戚の誰かに聞いた話だった。

聞いたころには二人とも他界していた。

その勇気ある情熱的なことをやった祖母の血の、何十分の一かは、私に間違いなく流れているのだ。

姉は黙って机に向かっている。少なくとも私より姉は成績が良かった。

お金が無い家から高校に行くと言い張り、古い考えかたの祖母たちからは「女の子は中学を出たら

充分や 働いて少しは家を助けなあかんのに 贅沢いうてからに!」と 事あるごとに言われいる。

まだ小学生の私には、高校にいく現実感がなく、姉と祖母の戦いにとにかく巻き込まれないよう、

良い子ぶっていた。祖母の機嫌をとるため「私は中学で充分や、中学出たら働くわ」などと言い

祖母を喜ばせるようなコツを身につけていた。こんなことをやってのけていたが、いつもこの家や

叔母の家にいるときは、大人の動向をじっと見据え息を潜めて何をするのにもタイミングや声の出し方や

笑い方やトイレの仕方まで、一つ一つに気を配っている子供であった。

それは一つのタイミングを外すと10や20の小言を延々と聞かなければいけなかったからである。

小学校二年の時に 母が出て行き、それ以来、娘たちがそんな風に、血の繋がっている祖母や叔母たちに

預けられ 生活しているなど、余り家に帰らない父は何も知らなかった。

父がたまに帰って来ると、祖母は私たちを叱っていた顔とはうってかわり、ニコニコと迎えいれ、

父のために、特別に注文しておいた刺身や煮つけをいそいそと用意し、漬物をたるからだして、

父の好物である茄子の色艶の良いのを選び出して膳に並べていく。

この差の大きさには、もう慣れてしまっていてあまり不思議にも思わなかった。

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

男前のぼくを楽しんで

nonoblog Post in ぼくを楽しんで
0

IMG_3558三月の中頃にこの世に誕生しました。名前は仮称ちびです。

ココア父さんとミルクかあさんの間に生まれましたが どこかに

養子に行くかもなので 名前がまだ決めて貰っていないのです。

なるべくこの家で 両親の元で暮らしたいのだけど・・・

お父さんは最近 どんどん 大きくなっています。母さんは僕が

まだおっぱいを いっぱい飲んでいるのでどんどん痩せています。

僕は父さんに似ていたずらが大好き・・・だからこの家に居れないかな?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

モッコウバラ

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

 

満開のもっこうばらがもう残念ながら 散りかけています。

IMG_0984untitled

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!