今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃より・・60最終・・おじいちゃんとおばあちゃんの別れ

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

第二室戸台風は去った。家の中は、手のつけ様もない状態。呆然とするだけ。

高校生の私と20歳になったばかり姉と老人二人では、どうしょうもない。

困っているところへ、呑気そうな声!父と従兄とが「大丈夫か?」と。

在らぬカッコウだった私達は何とか服を着替えていたが、消防団の人は、

心配して残ってくれていた。

消防団の人は「大変な状況だったんですよ」と父達に説明。

あの格好を見た二人は、台風の被害の事を言っているのは、分かっているが、

私らの心の中は<えらい格好を見たくせに!>は、ぬぐえなかった。

その頃、父たち(若い嫁さんと幼稚園に通う弟)は、同じ町の駅前に住んでいた。

自分の親と私達が一緒に住んでいるのに、やはり気になっていたのか、親戚の口を

気にしていたのか、85歳のおばあちゃんと75歳を過ぎたおじいちゃんの面倒を

高校生の私と姉がみていたのだから・・・。

取りあえず、家の修理は大工さんに頼んで直してくれ、普通の生活が戻りはした。

しばらくしたら、おばあちゃんもおじいちゃんも急に弱り出したのだ。

昼は近くに住んでいる叔母たちが、祖父母のご飯とかを作りに来ていた。

私達の夕食とお弁当は私が作っていた。父から食事代を預かるのも私だった。

まだまだ世間もそんなに贅沢ではなかった頃、高校生が生活費のやりくりをし、

主婦のように工夫したり、友達は遊んでいるのにと暗い気持ちで落ち込んでいた。

ある日突然!梅田の親戚が来て、おじいちゃんを戸板に乗せ、タクシーに運んで行った。

おじいちゃんの具合は変だと思っていたが、その頃、おばあちゃんもほぼ寝たきりになり、

戸板に乗せられて行くおじいちゃんを布団から這い出て「おじいさん!おじいさん!」と、

玄関口まで這って追うように見送っていた。力もそんなに出せないから肘で進んでいた。

おじいちゃんは首を少し上げるのが、やっとだった。

私達には何も説明してくれずいきなりだった。それでもなんとなく分かるので、

<おじいちゃんとはもう会えないかもしれないな!>と、思うと涙が止まらなかった。

二人の引き裂かれるような別れが、戸板に乗せられているおじいちゃんの姿と、

それを這って追うおばあちゃんとが、余りにも悲しい姿として未だに残っている。

何故に戸板だったのか分からないのだが・・・。

目が見えないのに庭の手入れし、四季折々いろんな花を咲かせてくれていたおじいちゃん。

きっと、おばあちゃんを喜ばすためだったんだろう。

本当に仲がよく毎日晩酌をしていた二人、後家さんで4人の子供が居るおばあちゃんと、

10歳も年下のおじいちゃんは、駆け落ち同然に、いっしょになったと聞いていた。

明治の女は強い!

そして、一番下のおばちゃんを授かったのだ。それが梅田のおばちゃんだった。

おじいちゃんにそっくりで、目が優しくさがっているのが人をほっと和ませてくれる。

それから、しばらくしておじいちゃんは、亡くなった。

葬儀は、梅田の叔母ちゃんのところで、済まされようだったが、おばあちゃんが、

何時までもおじいちゃんが<帰って来る>と思いどんなに説明しても納得しなかった。

仕方がないので、おじいちゃんのお葬式をこの家でもう一度おこなう事になった。

そうすると、祭壇の写真を見て、オイオイと大泣きするおばあちゃんだった。

ちゃんと霊柩車も来て中身はない出棺が執り行われた。やっと納得したおばあちゃん。

これは、きっと、父が母なる人への愛情ある粋な計らいだったと、今にして思える。

おばあちゃんもその後、私達にはどうする事も出来ない状態になりおばのところへ行った。

時々、会いに行くと「あれが、いけずで何も食べさせてくれへん!」と叔母の事を言うのだ。

意地悪だったおばあちゃんが可愛い赤ちゃんになっていた。

88歳でおじいちゃんのところへ。

---------------

この<幼きころから>を綴りたくてブログを始めるきっかけになり60話にもなった。

この後はもう大人への道に・・・で、一応終ります。

幼い頃から私の中で関わった人達、その中で、もう一度会いたい人といわれると、

血の繋がりがないのに、おじいちゃんに会いたい。


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃から・・・59・・第二室戸台風・姉妹ピンチ!

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

台風の季節が来ると思い出すのは、ジェーン台風で、父が呑気に風呂を炊き

煙突が吹っ飛んで危うく火事になりかけた事と、もう一つ、第二室戸台風だ。

その日は姉も会社が休みになっていた。

台風が来るのは分かっていたが、今のように情報があるわけでもなく、

おばあちゃん達が何時も聞いているラジオだけで、私達は、どんな状態であるかも

余り知らずにのんびりとしていた。

姉と私は休みだから、ゆっくりと朝寝をし、台風への備えを何もしていなかった。

少し雨と風が強くなって来たぐらいでいたのだが、ちょっと変だな?と、

二人とも感じて、とりあえずおばあちゃんとおじいちゃんを私達の部屋に行かせた。

表戸の建て付けは古いので、強い風が来ると、今にも飛んで行きそうだった。

二人は朝起きて、その頃で言う<シミーズ>と言う下着のままだったので、

部屋にもどり着替えに行こうとしたその時、それはそれは、突然に突風が吹き荒れだし、

台所の窓が何かが飛んで来たのか、急に割れ、凄い風が家の中を、かき回すように、

吹いてきたのだ。

驚いたのは割れたガラスが、2~3メートル離れた部屋の畳に、まるで忍者の手裏剣のように、

シュシュシュと、音を立て突き刺さるのだ。

着替える暇もなく、ただただ、驚いているだけだったが、とうとう、表の戸がどこかに

飛ばされた。またまた酷い風が部屋中をかき回していくようだった。

家の上がり口の二畳ほどの部屋の畳を、飛んでいった戸のところに姉と二人で立てかけ、

畳を背に、手をいっぱいに広げて体で支えた。何度も何度も畳ごと吹き飛ばされそうに

なっている所に、ふらふらとおばあちゃんが奥の部屋から出て来て、

手裏剣のようにガラスが刺さっている所にのんびりと来る。

「おばあちゃん、あかん!こっちに来たら!あかん!」と、二人で大声で叫ぶ。

と、おばあちゃんは「タバコ盆をとりに来たんや」と、タバコ盆をさげて、取りあえず無事に

部屋に戻って行った。キセルというのできざみタバコを吸ってふかし、最後にポンって粋にキセルを

盆のところの筒に、叩き落す様は、なんだか映画のシーンのようだった。こんな時に危険を顧みず

タバコ盆を取りに来るその行動には、いやはや明治の女のなせる業か!

私達二人は、どれくらいの時間、畳を支えてそのようにしていたか分からない。

手もしびれ、雨で身体もびしょびしょだった。怖かったのは風が天上をそのまま、吹き上げて行く。

何度も何度も弓なりに天上が噴き揚がるのだ。その時の音がなんとも言えない不気味な音だった。

芝居などで効果音を、いろいろ聴いたが、現実の音はもっと違う気がする。怖さが重なって居たからか?

今思うと、6軒長屋だったから飛ばされずに済んだのかも知れない。

もう、殆ど力もなく、限界に近い状態だった。もうこれ以上だめだと思った時!

いきなり表から「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と、男の人の声!

あ~~助けが来てくれた、助かった!やっと畳を外せる。と、へたへたと二人は座り込んでしまった。

男の人たちが「表から手が見えたから・・」と台所から入って来られた。

若い男性二人。消防団の人。

そこで、気付く二人  <あ~~~なんと言う姿をしているのか!私達は!>

そうです、下着姿のまま、それも雨でぬれて、すべて身体にへばりついて露な格好!

しかし時はすでに遅し!もう隠れる所も隠す布を取りに行く事も出来ない。

だって、畳には無数のガラスの手裏剣が刺さって動けないのだから。

恥ずかしくて、二人の消防隊員を見ることは出来なかったが、向こうはきっちり見ていたはず!

女子高生、ピチピチの!一番恥ずかしい年頃!姉も二十歳の頃のピチピチで!

こうして一番怖くて、恐ろしくて、恥ずかしい台風!は、何事もなかったように静かに去って行った。

その名は、<第二室戸台風!> わすれはしまいぞ!


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃から・・58・・子供ジプシー継続なり

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

私はあの<ジンタン中毒少女>時代から脱出し、少女から大人へと移行して行く

中途半端な年頃になっていた。

幼き頃からの不安は、いつも親との関わりであったが、それとは違う不安が

何なのかは、はっきりとせず、何時もまとわり付いていた。

この事は、中途半端な年齢の女性がもつ、特有な感覚で、誰もが一度は経験しているものと、

随分と後から知る。これは、男性には決して知ることが出来ない感覚だと思う。

<父と父の嫁と弟の赤ちゃん>は、私達兄妹を置いてどこかに出て行ったままだった。

家で誰とも話す事はなく、外では明るく振舞い、実はかなり暗い毎日を過ごしていた。

その頃、兄と姉は、何とか仕事をするようになり、姉はすっかり「OL」になった。

ここでも、さすがにしっかり者の姉は違う。

一人、試験や面接を受け、机やスチール棚などを扱う有名企業にさっさと就職していた。

とにかく細かいことは余り話さないで、わが道を突っ走っているのは、全く変らなかった。

家の中のごたごたは、相変わらずで、突然兄はずっと前に<家を出た母>と暮らし始めた。

小学校の2年生の時に<別れた母>との再会!兄はずっと居場所を知っていたのだ。

そして、時々会っていたとの事。これを知らされたショックは、言い尽くせなかった。

怒りでもなく悲しみでもなく寂しさでもなく「何も信じるものか!」が、私に生まれた瞬間。

母に対しても、懐かしいとか恋しかったとか会いたかったとか、全く何の感情もなかった。

余りにも幼い頃からのいろんな事が、私をそんな子に成長させてしまっていた。

そして母も、以前の母とは違っていたのだ。美しいのはそのままだが、違う人になっていた。

そして、姉と私のねぐらは、小阪のあの意地悪のおばあちゃんの所に行く事になる。

おばあちゃんは、もう、かなり年でいろんな事が困難になっていた。

考えて見ると私達がこのおばあちゃんの世話になった時77歳、おじいちゃん67歳、

それから10年弱で86歳、今から思うとそれでも、しっかりしていたのだと思う。

77歳で高い利休下駄を履き、綺麗好きだったから、あちこちを磨きとおしていた。

洗濯は洗濯板で冷たい水でごしごしと、はたきをかけ、箒で掃き、雑巾で畳を拭きと、

昔の人の動きは凄かったと自分が年を重ねて分かり出す。

それでも86歳だから、私達が住んでくれるとおば達が助かることもあるという理由だった。

以前と違うのは、おじいちゃんの自慢の裏の庭はなくなり、離れになっていた。

従妹が結婚し離れを建て住んだらしい。あのおじいちゃんの自慢の庭がないのが淋しかった。

姉とおばあちゃん、おじいちゃんとの生活がまた始まった。

私の暗さは少し和らいで行った。意地悪なおばあちゃんとおじいちゃんは弱っていた。

裏の庭はなくなっていたが、玄関のヤツデの葉がきらきらと光って綺麗だった。

少しの不安が、取り除かれる気がした。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

 


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行14

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

ハイヤーと言う方が普通だった頃。料金を見ればこの頃の貨幣価値が分かる。

ハイヤーの形が高級感が溢れている。

しおりの最後には小遣い帳まであり、絵葉書15円。切手15円、風呂敷30円

こけし30円、一番高いので鎌倉でおばあちゃんの為に買った鎌倉彫の菓子入れ200円。

すべてで、480円のこづかいだった。

バスるーととハイヤー1


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行13

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

上野・浅草。国際劇場の踊り子さんたち。画期的だったのだ。

浅草・上の-1

 

 


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行10

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

不思議な事に東京タワーに登った記憶が全くない!

2年前に登ったのが最初かも。

東京タワー -1


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行9

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

東京へ入ります。

はとバスのしおりです。

東京の歴史-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行8

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

川崎・重工業地帯・煙突から黙々と煙。今なら大変かも。

川崎-1


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行7

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

行ってはいないが、しおりでの江ノ島。

 江ノ島 -2


今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・57・・修学旅行6

nonoblog Posted in 幼き頃から
0

世界遺産になった富士山・その頃はそんなに騒いでない。

ー1富士山