今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

シチリア シチリア!

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

20101025006fl00006viewrsz150x

 

 

ファーストシーンで すごく懐かしい、何かを思い出すシーンで、始まったのだが、ふと 思い出した。

あの名作 「ニュー・ シネマパラダイス」だ。 それも当たり前、監督はジュゼット・トルナトーレですから。

シチリアで、貧しく暮らす 3代に渡る家族の話だ。主人公の<ペッピーノ>のは監督の愛称でもあったらしい。

監督はペッピーノは自分自身だと言っている。シチリアに戻って来て、原点に帰ってきたと。

しかし、以前に<山猫>を撮った<ドン・ファブリツィオ>が、「17歳になるまでにシチリアを出ないと

シチリア人の欠点が身に染み付いて取れなくなってしまう。」と、聞いたらしいが、自分は世界中何処に行っても

シチリア人であることに、誇りを持っている。自分の子供時代をそしてシチリアのすべてを映画にして、

そのすばらしさを世界に伝えたいと。 映画の端々にはシチリア人の欠点かどうかは分からないが、なんとも

激しいやり取りや、ずるさが見え隠れするが、私達はシチリア人の事が分からないから、ただ可笑しく楽しめ、

感動しただけだが。

イタリアの政治や世界の共産党時代のかがやかしい時代を、ある程度知らないと、分かりにくい所も、若い人には

あるかもしれないが、私などはスターリンや毛沢東、マルクスなどの名前がどんどん出てくるのを 懐かしく感じた、

ほんの30年ぐらい前にはよく耳にしていたのにと思う。

タイトルに 「人生はどこを 切っても美しい。」と。素敵な言葉です。 愛に満ちている映画です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.