今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

幼き頃・・30・・おばあちゃんの言葉

nonoblog Post in 幼き頃から
0

去年は、(トイレの神様)が流行、私も紅白で、始めて最初から最後まで聞いた。

紅白で、聞いたのはこの曲だけだったけど、この歌により、世のおばあちゃんの

存在が少しはアップされたのではないかと思う。

考えてみると、小阪に住んでいた時、いじわるだったけど、ずいぶんとおばあちゃんから

教わったことは多かったかと思う。しつけと言う点では、おばあちゃんの影響が大だったろう。

そんなことを思い出していたら、叔母とおばあちゃんぐらいの人が使っていた関西言葉が、

今はもうほとんど使われる事が、なくなってしまっている。

良かったなと思いだすのは、ご飯を食べて 「ごちそうさま」と言うと 「はい。よろしゅう おあがり」と、

必ず言ってくれた。(はい、よく食べたね)

「そんな ぞんざいなことしてからに」 (そんな あらいこととか、いい加減なことして)かな?

「だんない だんない」 (かまわない かまわない 大丈夫)かな?

「おおきにはばかりさん」 (ありがとう。)?でも はばかりとは 厠のことも、はばかりと言ったが?

「あんたは あいさに(時折)おちょけになるな」 (ふざける) もう一つにはいちびりとも言う。

「ぎょうさん食べとかな、おおきィ~になられへんで」 (沢山)だが これは私もよく使っていたが

ある時、「誰さん?」と聞かれた。 ぎょうさんは誰かの「名前」と思われたらしい。

いっぱいあった、あの時代しか、使われていなかった言葉が、何時から使われなくなったのだろう。

良いしきたりも、消えていった。私も孫達に 「ごちそうさま」の後に、 「はい、よろしゅうおあがり」だけ、

今からでも遺しておこう。柔らかい良い、おばあちゃんの言葉を!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.