今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

鞍馬のおみくじ

nonoblog Post in 日々いろいろ
2

  先日、天気もよく、さわやかな日だったので、京都の友人、Kさんと鞍馬寺に行った。

  去年もお参りしたが、真夏で、ひと階段を登るだけで、はぁはぁと云いながらだったから、

  この気候の良い日は、それだけで幸せな気分にさせてくれた。電車も新しいのは、座席に

  工夫がされていて、窓からの景色を楽しむように、並びを考えられていてうれしくなった。

  電車での、鞍馬は何年ぶりだろう。随分と前に店のメンバーと温泉に来た事がある。

  それ以来だと思った。あの頃は、よくお酒も飲めていたし、皆で大騒ぎをして楽しかった。

  女旅行でどんなに、常連客の男達を羨ましくさせていたことだったか。

  どんなに行きたいと懇願しても、ぜったいに男は入れないルールでの女旅行は、結構な

  むちゃぶりで、世間には見せられない秘密の写真なども、温泉で撮ったりした。

  極めつけは、酔っ払った勢いで、マッサージ機をみんなの口車にのせられ、大枚26万円も出して、

  買ってしまった事だ。 後で、なぜこんなものを、と後悔したが、酒のせいでしかなかった。

   鞍馬は、今、パワースポットとして、若い人など、沢山訪れている。でも、本当にその力を

  貰うには、奥の院まで行かないとダメと聞いて、どれだけの距離があるか、分からないまま

  奥の院に向かった。それまでに、鞍馬寺金堂にお参り、この正殿前にある六角の星の中心に

  立って拝む。この中心がパワースポットとされている。その金堂でおみくじをひいたのだが、

  <半吉>とでた。これが、今、私が抱えている問題をまるで知っていたかのような内容で、

  びっくり。友人も本来、おみくじはしないと言っていたのだが、私のがあまりに凄かったので、

  引くことに。これも 一点だけを除くと、彼女の状況を知られているかのようだった。

   おみくじをしっかり胸に刻み、奥の院 魔王殿に向かったが、その大変だったこと。

 途中若い人に、「まだ、だいぶありますか?」と聞いたのが、反って失敗だった。「はい、すぐです。」

 の言葉を信じて行ったが、大変な階段での登りだった。若い人にはすぐでも、私達にはすごい距離、

 なんとか奥の院もお参り出来、貴船に降りて無事に帰還出来た。

 不思議な事に、次の日には、痛みがどこかにくるだろうと覚悟をしていたのだが、余り痛くなる所も

 無く元気に目覚められた。

 鞍馬に詳しい友人に、おみくじのことを聞くと、とてもよく当たるので有名らしい。

かなり、登ったところからの山々。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

2 Responses to “鞍馬のおみくじ”

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.