今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

今ひびく 花森安治「見よぼくらの一銭五厘の旗」

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

新年早々に出会った人との会話・ 新年の挨拶をして、

口から次に出るのは、今の日本の現状についてだった。

日頃特別に、政治的な何かを意識して行動をしている人たちでもなく

私も含めてごく一般の生活者だ。

年賀状についても、一言加えられている言葉は、きな臭い世の中と、

子ども達、孫達のこれからがどうなるのかと言う言葉。

この花森安治さんの言葉の紹介があり、余りにも今に当てはまっていると。

ーーーーーーーーーーーーー

花森安治の「見よぼくら一銭五厘の旗」という文章である。

『暮しの手帖』第2世紀8号(1970年10月)に掲載された。

当時の産業公害や環境汚染の激化を背景として400行以上にわたる意見表明である
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうして こんなことになったのだろう
政治がわるいのか
社会がわるいのか
マスコミがわるいのか
文部省がわるいのか
駅の改札掛がわるいのか
テレビのCMがわるいのか
となりのおっさんがわるいのか もしも それだったら どんなに気が らくだろう
(略) それが じっさいは どうやら そうで ないから 困るのだ
そうではないとすると何なのか。どうすればよいのだろうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全文が下記のサイトに収録されている。
http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/guest/publication/hanamoriyasuji.html

ーーーーーーーーーーーーーーー

一銭五厘の旗とは・

ーーーーーーーーーーーーー

貴様らの代りは 一銭五厘で来る

軍馬は そうはいかんぞ

聞いたとたん あっ気にとられた

しばらくして むらむらと腹が立った

そのころ 葉書は一銭五厘だった

兵隊は 一銭五厘の葉書で いくらでも

召集できる という意味だった

ーーーーーーーーーー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.