今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「永遠の0」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

20130612006fl00006viewrsz150x零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、

『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。

祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、

現代と過去を交錯させながらつづっていく。

主人公の特攻隊員役に、『天地明察』『図書館戦争』などの岡田准一。

現代に生きる孫に三浦春馬がふんするほか、井上真央や夏八木勲など

若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。

生と死を描く奥深い物語はもちろん、サザンオールスターズによる心にしみる主題歌にも注目。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年始めての映画。

原作を読んでいないのでなんともいえないのだが、

零戦の、戦いのシーンが多かったのが、気にはなった。

戦争がもたらす大きな犠牲と悲劇は必ずある事、それは大半はあるのだが、

戦闘シーンだけを、若い人が観た時、かっこいい!と感じたらとんでもないと、

思ってしまったのも、正直にあった。

過去にさかのぼって、孫がおじいさんの真実を知る人物から聞く話は、

本当に戦争はあってはならないと、真に心に訴えて来る。

おりしも、安倍総理が靖国参拝で世界的にもいろいろと取り沙汰されている、

この右傾化されつつある日本を、意識せざるを、得ない。

ぜひ若い人たちに、観て欲しいと思った。

枚方出身の岡田君が、良い役者になり、貫禄が出ていると、拍手を送りたい気持ちだった。

<枚方住人のひいき>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.