「木漏れ日の家で」

20110303006fl00006viewrsz150x







芸歴80年を超えるポーランドの大ベテラン、ダヌタ・シャフラルスカを

主演に迎えた心にしみる人生賛歌。

人生の喜びも悲しみも知り尽くした女性が、素晴らしい終幕を迎えるために

奮闘する様子を陰影に富んだモノクロームの映像でつづる。

メガホンを取るのは、『僕がいない場所』のドロタ・ケンジェジャフスカ。

息子を『殺人に関する短いフィルム』のクシシュトフ・グロビシュが演じている。

老いてなお、美しく誇り高き主人公の姿に目がくぎ付けになる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなにも静かな世界に引き込んでくれる映画が、かってあったろうか。

独り言のように、愛犬(フィラ)との、会話で、進んで行く。

フィラも、言葉が分かるかのように表情豊かで、この二人の生活は誰にも邪魔は出来ない。

「終焉を迎える」 誰もがそのときは来る。どう迎えるか、どう向き合えるか、と、

もうどっぷりとその年齢に、浸かっている自分と、映像の中の主人公とを重ね合わせて行く。

ふと現実を突きつけられそうになると、モノクロの中の美しい木漏れ日に救われる。

聡明で、人生を豊に過ごしてきた言葉、孫にも決して優しい良いおばあちゃんではなく、

きっちりと現実にむき合わせるやさしさ、息子達に残す物への選択のすばらしさ。

最後に紅茶を持って行く少年が、とても(美しい少年)だったのは、天国に召される時に、

こんなにも美しい少年が、迎えに来てくれた!と、私の勝手な想像になった。

原題は「死ぬ時」だそうだ。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.