今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

新しい年を迎えるが、早や1月末。

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

800px-Hanshin-Dept-Umeda-Store-01

年賀状の整理をし、お年玉くじの当たりを調べ、120分の1しか当たりなし。

新年を迎える事は一つの区切りと、何かを考えるためには良いと、思っていたら、

あの阪神百貨店が、建てかえられるというのを知る。

元々、このブログを、始めるきっかけになったのは、カテゴリーの「幼き頃・・」の話を、

書きとめて行きたかったのだ。今年はそれを、もう一度、細かく見直して編集しておこうと、

思っていた矢先のことだった。

以前から不思議な事に、小学6年生までの記憶が鮮明で、映像を観るかのように、

風景や音や声や臭いまで、頭の中で、繰り返し出て来るのだった・・・・。

その記憶の中に、阪神百貨店の裏に親戚の家があり、夏休みに預けられた事が臭いまで、

はっきりと覚えているのだ。

1950年に建てられた百貨店、その4年後、その場所にいた。

阪神の裏の方は、戦後にいい加減に建てた家がひしめき合っていた。

主に毛布や、布(キャラコ)などを扱う小さな問屋街、みんな生きる事に必死だったのか、

大人たちは、目が殺気だっていたように思う。

路地からの風は、鼻をツンと突くおしっこの臭い、路地の通路はいつもじめじめとして暗かった。

その問屋街を抜けると北新地なんだが、ほんの少しだけ新地の入り口に、名残りを

感じることが出来るが、それも時間の問題だろう。

どんどんと梅田は変わって行く、綺麗になっていくが、ほんの少し寂しい。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.