今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

とうとうこんな結果が出たのかと思った。大きなところは取りあげていない。政治は選挙に向いている。
一体誰を信じて行けばいいのか!、福島も沖縄もわれわれも捨てられている感の政治!
自分達の保身のための政治・選挙には、もう、うんざりだと思っている人が多いのを知るべきだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

河北新報 11月18日(日)6時10分配信


 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。  18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。  調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。  1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。  9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。  県立医大は「県内全ての子どもの検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。



最終更新:11月18日(日)6時10分


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.