今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「のぼうの城」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

20101213012fl00012viewrsz150x

 

 

 

 

戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せず、たった500名の兵で抗戦、勝利した実在の武将・成田長親の姿を描く時代劇。『ゼロの焦点』の犬童一心と『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の樋口真嗣が異色のダブル監督に挑み、第29回城戸賞を受賞した和田竜のオリジナル脚本を映像化。“のぼう様”と呼ばれたヒロイックな主人公を野村萬斎が熱演するほか、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴らが城を守る侍大将を演じる。底知れぬ人気で人心を掌握した主人公の魅力や、豊臣・石田軍による水攻めシーンなど、見どころ満載の歴史大作だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひやぁ~~~・おもしろかった~~~。久々にパンフレットまで買ってしまった。

のぼう様は、野村萬斎さんしか出来ないのではと思えた。

意外な役者では上地雄輔さんが石田三成を演じていて良い味を出していた。

そう言えば「漫才ギャング」でも、彼はよかったね。

どの俳優も間違いがなくぴったりだった。

水攻めのシーンがあり、津波を思い出される事で公開が遅くれたようだがそれがあって、

子役の芦田愛菜ちゃんが幼くて良かった。子役の成長は凄いスピードで進みすぎ、

本人も自覚のないまま大人達に振り回され本来の良さがいつの間にかなくなって行くから。

全篇にわたり迫力あり、CGが使われていても気にならず満足度100%で、わくわくした。

歴史的にもこんな武将がいてたのかと、驚かされる。

オマケニ大きな発見があった。最後のテロップで、映画の中で使われていた田植えの唄などの音楽担当に、

<上野茂都さん>の名前を見つけたのだ。京都でのライブで一度観た時、衝撃を受けた人物で追っかけを、

したくなるぐらいハマッタ人だったからだ。不思議な世界を、持っている人で、野村萬斎さんとはぴったりと、

思ってしまった。やっぱり映画は活力をくれます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.