今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

もう、3月

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

久々に昼から良い天気になり、友人と会うために京都にに出かけた。

少し暖かくなって、気持ちが良かったのだが、お互い体の事、家族のもろもろ、

そして、3・11の話で、あれから一年で、どんなにか日ごろの考えや生活のあり方、

いろんな面で変ったかと話が尽きなかった。誰もがそうだと思う。

震災だけなら違ったかもしれないが、原発でのことが、多くの知らなかったことが

次々と明らかになり、これからの世代がどうなっていくのかと、一番思ってしまう。

のんびりとしていた、余りにも当たり前に過ごしすぎていた自分だったと。

福島の人たちはもっと毎日、毎日の生活の中で、踏ん張っても踏ん張っても、

どんな想いかと思ってしまう。

早くからずっと、声を出していた人はいっぱい居られた。

宇宙的に物事を見ている人たち、宮沢賢治や井上ひさし、坂村真民さんもそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

連詩「大宇宙大和楽」               坂村真民
           
                一
二つのものが一つになり    そこに生命が生まれ
無数の小宇宙が誕生し     生成する
空は茜               喜びの雲が飛ぶ

           二
無限不可思議な力が      粒子となって
絶えず流れ            特に寅の一刻では
霊性を持ったものが       稲妻のように
全宇宙を駆けめぐる

           三
十億兆の母太陽があり     百億兆の惑星があり
これらすべてが          整然と運行し
何の乱れもない          何というすばらしさか

           四
一輪の花              一羽の鳥
すべては大宇宙の分身      むろんわれらの体も然り
故に釈迦無尼世尊も言い給う   天上天下唯我独尊と

           五
光があり  闇があり  陰があり  陽があり
この世があり  あの世があり  苦があり  楽があり
このように相対のなかに  調和があり 秩序があり
宇宙生成の原理がある  それを知らねばならぬ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.