今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

森林の木・内部に放射能物質

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

以前、除染をしているところで一般の人が、「いくら除染をしたって、あの山を何とか出来るのか」

と言っていたのを思い出す。村の人の方がきっちり現実を見据えている。<福島の人は何も言わない>と、

よく言われるが、あまりにも、多くの問題がありすぎ、それに政府が対応出来ていないので、言いようが

ないのだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森林の木、内部に放射性物質=福島・南相馬で高濃度—東京農大

http://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0201/69751.html


 
時事通信2月1日(水)19時43分
東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質が、森林に与える影響を調査している東京農業大学の林隆久教授(木の遺伝子工学)は1日、福島県内3市町の森林の樹木を調べた結果、内部から放射性セシウムを検出したと発表した。最も数値が高かったのは南相馬市のスギで、1キロ当たり2300ベクレルだった。
 調査は昨年9月から12月、南相馬市と相馬市、新地町の計7カ所のスギなど30本前後を対象に実施。厚さ2ミリ程度に輪切りした木を、X線フィルムに密着させて感光するオートラジオグラフィー法で内部の放射性物質を確認した。
 年輪ごとに削り、セシウム濃度を計測したところ、最高で2300ベクレルを検出した。対象のうち7本前後は検出されなかったという。一方、表面の樹皮で最も高かったのは南相馬市のヒノキで、同9万5000ベクレルだった。
 林教授は「セシウムの気化や木材として使われることを考え、何らかの基準を作るべきだが、線引きは難しい」と話した


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.