「番犬は庭を守る」

岩井俊二さんの、本「番犬は庭を守る」を読む。

なんと言う発想なのかと、岩井さんの頭の中を割って覗いてみたい気になった。

最初から一気に読んで行ったのだが、最後近い数ページは、ハードだった。

人によっては、やや、覚悟がいるかもしれない。映画製作を考えられていたのもあるが

文章から、映像が浮かんでくる。それだけに後半が、辛くなったのかもしれない。

放射能は、人間の生殖体系をも、大きく変えてしまう。とうとう、精子バンクまで、現れ

クローン豚により、金のある人間はあらゆる手術をして、子供を作る。

なんか、そんなに遠い世界ではないのではと思ってしまう。映画化はどうなんだろう?

アニメだと、表現が出来る世界かもとおもいつつ、主人公<ウマソー>には、

何故か「森山未来」さんが、私の頭の映像には、うごめいたいた。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.