今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

がれき問題・拡散

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

先日鎌仲さんの話を聞きに言った時に、 石巻に住んでおられた方は、
ふるさとのあのがれきをみたら、何とかして欲しい!と言うおもいもあり、
大阪に避難してきているが、やはり、少しの言葉でも傷ついたりしている。
石巻から避難してきていると、なかなかいえない。
ばら撒いてはいけないこともわかるが、あの、がれきをみたら、どうしょうもない、
国からもどこからも見捨てられたように、感じる。と。
この話を動受け止めたらと、複雑な気持ちになりました。
もっと、良い方法がないのでしょうか?
下記は情報をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

枚方市 放射能ガレキ12月中に燃やす予定!! 拡散希望。

数日前までガレキは受入れないと言ってた枚方市が、
ガレキ受け入れ推進派の橋の下一派の大阪乗っ取りが成功したので、一転してガレキを受け入れる!!と言いだしました。
大阪のみなさん声を上げて電話やメールしましょう。
12月中には枚方市で東北の放射能ガレキが燃やされたら、もう枚方には住めなくなりますよ!!
平和ボケして遊んでる場合じゃないんです!!
橋の下一派の同和の会に投票したと言う事=ガレキが大阪にばら撒かれて、
いしんは東京の老害と同じく、ガレキ利権のお金が欲しくて前からガレキを受け入れる準備をしていたんです。
特にいしんの橋の下がガレキを受け入れたくてたまらないのに隠していたから、知らなくて投票した人は
だまされたんだから、おこってこうぎして下さい。
また、転載して情報を広めて下さい、
お願いします!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪府のガレキ受け入れ表明自治体

以下,枚方市HP環境事業部より引用 枚方市としては、東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理に対する協力は必要であると考える。
一方、枚方市はこれまでから、市民にとって安全・安心なごみ処理を基本としており、災害廃棄物の受け入れにあたっては、その輸送から処分に至るすべての過程において放射能汚染等も含め、環境や市民の健康に影響のないことを充分に見極めたうえで、慎重に対処したい。
なお大阪府は現在、「大阪府災害廃棄物の処理指針に係る検討会議」において災害廃棄物を受け入れる際の指針を検討中であり、その結論も踏まえたうえで、最終的な判断を行う。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/format.htm?id=20111024125524G-SOUMU01&format=1

↑この上の記事の書いてある枚方市の環境事業部のHPです。

*******************************************
枚方市環境事業部 減量総務課
電話:072-849-5374
FAX:072-849-6645

結局,大阪府自体の受け入れ表明を覆すことが重要で,各自治体にまで話が下りてしまうと難しいのではないでしょうか。
枚方市以外にも表明している自治体がある可能性はありますし。
そしてこの大阪府の決定ですが,
現知事のマツイははっきり言って前ハシのシタのあやつり人形です。
ということで,本丸の大阪市への反対も重要です。
そのハシノシタ氏の選挙応援に瓦礫受け入れ済みの「黙れ」都知事が駆けつけました。

大阪府循環型社会推進室資源循環課
06-6210-9568
大阪市環境局施設管理課
06-6630-3361


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.