今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

どぶ。

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

51c2EuzfKfL__SL500_AA300_

 

 

 

 

 

 

 

終戦直後の横浜・鶴見川のほとりの湿地帯に建ち並ぶバラック作りの部落を、新藤兼人が実際に取材し映画化した作品。

河童沼のルンペン部落に住む失業中の頭の弱い女、競輪狂の男、労働争議そっちのけの工員、

新興宗教にすがる老婆、元新劇の名優だったと自称する男たちの人間模様を描く。

「どん底」を思わせる美しい映画。

キャスト・スタッフ

キャスト: 乙羽信子宇野重吉殿山泰司山村聰菅井一郎藤原釜足神田隆加藤嘉
製作: 吉村公三郎
監督・脚本: 新藤兼人
脚本: 棚田吾郎
撮影: 伊藤武夫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、新藤兼人監督のインタビューを観てから、機会があれば新藤監督映画を観ようと思った。

時代が戦後すぐの皆貧しかった頃の話、酷い話なのに、人間のどうしょうもない所を上手く描いている。

なんとも悲しいが、今ほど人間の気持ちが複雑でないから救われる。どうしょうもない状態の時代だったのだ。

己羽信子が美しかった。この映画に出演している味のある俳優は、今、いない気がする。

上手い人はいっぱいいるが、中から出て来る人間臭さがない。この時代の俳優は上手いというのでなく人間味が、

溢れている。テレビで変ったのかもしれない。<今は演技をしている>が、見えてしまう。監督の力なんだろうか?

まだまだ、新藤作品を観たい気になった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.