<家守綺譚>・(梨木香歩)に出て来る木々・花

 梨木香歩さんの不思議な世界の作品。 読んでいると日常で出会う木々や花が、

あらためて、目にした時すべての物に、愛おしさを覚えるようになる。

ダリアだと思っていたのが、ダァリアとあった。これが正しいのか?

何気ない草花や、木々と、とんでもない話の展開があり、引き込まれる。

いま、満開の百日紅の木、もうすぐ目にするだろう、都わすれ、烏瓜の不思議な花、

歩いていても、楽しみが増えた。 

この作品が朗読劇として、9月2日、3日に公演されるのが、どんな世界になるだろう。

期待がいっぱい!



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ *ポチ戴くと励みになります

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.