今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「ナミヤ雑貨店の奇跡」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0



 

 

 

 

 

 

 

 

人気作家・東野圭吾の小説を、『やわらかい生活』などの廣木隆一監督が映画化。
現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、
町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描く。
32年前から届く悩み相談の手紙に触れるうちに、人を思いやる気持ちを抱く主人公を
『暗殺教室』シリーズやテレビドラマ「カインとアベル」などの山田涼介、
雑貨店店主を数多くの作品で独特の存在感を見せてきたベテラン西田敏行が演じる。


古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、
かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。
敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、
32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。
三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ひさびさに映画館に出かけた気がする。
観ていたのだが、感想を書くようなものが少なかったのもある。

不思議な世界に運んでくれる映画だった。
主人公が誰であるかは、分からない映画に出来上がっていたのが、
良かったように思う。
キャストでの連なる役者名はあるのだが、出演する人々が全て、
それぞれの物語をもっているので全ての出演者が主役だった。
その在り方が大袈裟でなくて<生きるって>事をいろんな形で、
しっかりと映し出されて、じんわりと心に染み入る映画だった。
原作を読みたくなった。
役者で言えば、最近特に良いのは門脇麦さんだ。歌もとてもよかった。
子役の鈴木梨央さんは本当に良い女優になるだろうと、思わせる。
最近は、何か派手な映像を作るのが多かったたり、似たような恋愛物、
そんなのが目立っている中、こうした映画があってほっとした時間だった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.