今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「彼らが本気で編む時は」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0



 

 

 

 

 

 

 

 

かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手掛けたオリジナル脚本の人間ドラマ。
母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。
女性として人生を歩もうとするトランスジェンダーの主人公リンコを生田斗真、
その恋人マキオを桐谷健太、母親に置き去りにされたトモを子役の柿原りんか、
彼らを取り巻く人々を、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦が演じている。

シネマトゥデイ (外部リンク)




あらすじ


母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、
おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。
トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。
母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いろいろな角度から楽しめる映画だった。
人は一概にこうであると決め付けられないと、同じように、
映画自体がこうだと一つの意味とかで言えない映画だった。
所々笑える所もあり、ふっと胸が詰まるところもある。
人への優しさとは、・・・と一番、言い切れない、
触れてはいけないところへも踏み込んでいるのだが、
あざとくは無いのがよかった。
生田斗真さんの美しさはびっくりで、メイクも薄くしているのに・・。
子役の台詞が、とても考えられて作られていた。
また、魅力的な子役の(柿原りんか)さんはこれからが楽しみだ。
陽の光を上手く取り込まれているのに、その光の中に観るものをも、
置いてくれているように思えた。
評価が低いのにびっくり。じんわりと伝わってくる映画、間違いなし。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.