今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

持病・リュウマチとの付き合いで・・・。

nonoblog Post in いろいろ
0

リュウマチ発症からは10年以上になる。
始めの2年くらいは、痛みが酷く、毎日が戦いだった。
寝返りの時の布団さえ、ひっぱれなかったのだ。

その後、薬との相性とか、痛み止めを、何時、どんな状態の時に飲むかとか、
徐々に解かって行き、良い付き合い方で来ていた。

昨年の11月から、右膝の痛みや力が入らなくなり、階段は勿論、
歩くのも日によっては、酷い時は出かけられない事になって来た。
それまでは、病院は月に一度で、良かったのだが、2週間に一度は、
膝が腫れてくるので、水を抜く。
その液がリュウマチからので濁りがあり、その繰り返し。
ステロイドを投薬で、様子を診るという繰り返しだった。

それに伴いどんな薬が合うのかを決めるため、検査がたびたびあり医療費が高い。
2週間に一度、今日はどれだけ費用がかかるのかと、心配しながら通院する。
そんな中、高額の薬をこの間に3回ぐらい薦められた。
月に3万円である。リュウマチでは、神の薬と言われているのは注射一本が、
7万円である。難病指定になっているのだが余程の人しか認定して貰えない。
そんな高額な薬を毎月払えないので、その旨を伝えなければならない。
長い付き合いの先生で信頼もしているのだが、何度も聞かれる時、悲しくなる。

私と同じ位の状態の人が皆、そんな高額に薬を飲んでいるのだろうか?
払えない状態の人間は、痛みにずっと耐えなければならないのだろうか?
今まで、完治することはなくても、非常に悪い状態にはならなかったのは、
良かったと思わなければならないのだろうけれど、医療費の高さには驚く。
簡単に支払えるだろうと思われる事への配慮はないのかと考えてしまう。
やっと昨日、様子を診るための薬がそんなには高額でなく一週間分が、
出されたが、また、一週間後に通院でどんな結果になるのかと、
不安になっている状態が続いている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.