今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「湯を沸かすほどの熱い愛」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0



 

 

 

 

 

 

 

 

紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、
余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、
最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。
『チチを撮りに』などの中野量太が監督と脚本を担当し、物語を紡ぎ出す。
母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリーに夢中になる。

シネマトゥデイ (外部リンク)




あらすじ


1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・
幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。
だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。
気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
賛否両論に、はっきりと分かれる映画なのかも分らないが、
私には、こんなにも愛の形をいろんな複雑を持って描きながら、
心に染み入る作品は久々に出会えたと思う。
今、家族という形態が複雑化して、本当にはそれぞれが本音の所で、
分り合えていないのではないだろうかと思う。
社会現象としても複雑で、一言で家族や愛を語る事は出来ない。
この映画ではその形態をどこかで、打ち破る所に焦点が置かれ、
そこで生まれる愛についての話なのではないだろうかと。
評価として、なんだ、こんなのは!と言う方もあるだろうけれど、
有り得ない出来事として、描かれている面があるのだが、これは
意識して遇えて狙いとしているのだと思う。
全てにおいて、愛に満ちている作品を創りたかったのだと思う。
素直にその愛のあり方に涙した。
宮澤りえさんと杉咲花さん、全てのキャストが良かった。
監督の別の作品を観たくなったので、DVDを借りて観るつもりだ。
「チチを撮りに」「琥珀色のキラキラ」を!
どんな作品か楽しみだ。

この所、気分が落ち込んでいたのだが、元気を貰った。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.