今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

我が車の歴史・・スバル360からラパンまで・(1)

nonoblog Post in いろいろ
0

スバル360

IMG_2929
右の愛車・ラパン。先日最後の車検に出した。
何だかとても寂しい。
なぜ?はもちろん年齢!
免許を2年後に返上しようと思っての決意。
とても長くの車生活だった。

私の車の歴史は、スバル360からラパンまで44年になる。
ほぼ、自分から起こした事故は無事故である。
一度だけ、何も知らない時期、向こうの勢いに押されて事故にされた事がある。
所謂、示談金と称して脅されて取られたのである。
そんなのがいまだったら、勝つ自身はあるのだが・・・。
免許の取得は、子どもが保育所に通っている時だった。
その頃はまだ女性が運転しているのは珍しかった。
保育所で、今でも付き合いをしている友人と二人、どちらかが、遅くなる時は、
車に乗せて家でご飯を食べさせてもらったりとか、いろいろお互いに助け合ったものだった。

免許を取るきっかけになった出来事があった。
自転車で前と後ろに子どもを乗せて坂を登って、送り迎えは大変だった。
ある日、大雨で、二人の内、友人が一人を自転車に乗せて帰ってくれたが、
自転車に乗れるような雨ではなくなり、私と下の子はバスを待った。
その方が家の近くまで、バスが行くからだ。
バスを待って傘をさしていても横殴りの雨で、二人とも濡れ鼠のようになっていた。
その時一台の車が止まってくれ、「家まで送りますよ。」と言ってくれた男性。
乗せて貰えたがシートがぬれるので、通路に座って送って貰ったのだ。
その時に、免許を取る決意をしたのだ。

その頃は劇団に行っていた。
暇な12月の一ヶ月間を休暇にして、ほぼ、その一ヶ月で、取得した。
人間は追い詰められるとなんだって出来るのもだと思った。
一日中教習場にいた。キャンセル待ちをし、その間に教科の方を受けるのだ。
教官たちの間でも、びっくりされたり、呆れられたり有名になっていた。
見事、合格!免許が来るまでには、先に中古の車を購入していた。

亀のような可愛い車?スバル360だ。しかし、これは大変だった。
きっと相性というのがあったのだろう。
冬に取得したのもあるが、エンジンがかかりにくくいろんな人に、
助けて貰い,後ろから押して貰う嵌めになり、余り長くは乗らなかった。
雪の降る京都の町を、運転が出来ない人を横に乗せ、道案内をして貰い、
一方通行を逆行すると言う恐ろしい事もあった。道を良く知っていても、
標識を知らない人で、こちらも余裕が無い状態だったのだ。

もし今もこの車が、健在で乗れるならかなりのレトロ感で、乗りたい車である。
「夕日の三丁目」当たりの後に出た乗用車ではなかったろうか?

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.