今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「ルーム」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0

映画ルームルーム

解説

エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、『FRANK -フランク-』などのレニー・アブラハムソン監督が映画化。7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。主演は、『ショート・ターム』などのブリー・ラーソン。生まれて初めて外の世界に触れた息子の戸惑いを、子役のジェイコブ・トレンブレイがみずみずしく演じる。

あらすじ



施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

久々の映画館だ。この映画を映画館で観て良かった。

映画館で観る映画だと感じた。

7年間も小さな部屋に監禁され、その中で生まれて育つ子、

その小さな部屋でしかない全ての世界。

卵の殻で作る蛇、小さな天窓に落ちる枯れた葉っぱ、

それをあれが現実の世界で外があると母は5歳になった息子に話す。

映りの悪い古いテレビの中が全てと思っている子ども。

脱出をするが、外の世界の現実が二人に厳しく押し寄せる。

息子役を演じた子役ジェイコブ・トレンブレイに観ている人を引き付ける。

小さな部屋の世界を一緒に共有出来た映画だった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.