今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

「チョコレートドーナッツ」

nonoblog Post in 勝手にシネマ
0



1979年のカリフォルニア。
歌手を夢見ながら、ショーパブでパフォーマーとして日銭を稼ぎ暮らすルディは、
客として訪れた検事局のポールと心を通わせ合い、交際を始める。

そんな折、ルディはアパートの隣の部屋に住むダウン症の少年マルコが、
危険薬物を所持し逮捕された母親のために、施設へと隔離された事実を知る。
繰り返されるマルコの脱走に心を痛めたルディは、ポールを説き伏せてマルコを引き取りともに暮らそうと提案する。
同性愛の恋人同士であることを伏せ、法的手続きによりマルコの監護者となった二人は、
本当の両親のようにマルコに愛情を注ぎ、三人で幸せな日々を送る。

だが周りの反応は冷淡であり、彼らをパーティに招いたポールの上司との衝突で事態は一気に悪化し、
ふたりはマルコの養育者と認められず裁判沙汰となる。
弁護士の奮闘もむなしく、ルディとポールはマルコとの関係を引き裂かれる。
そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。

歌手として認められたルディは、愛する者たちとのつながりを引き裂かれた怒りと悲しみとを

マイクに叩きつけてゆく。
ーーーーーーーーーーーーーーー

昨年ぐらいに日本での公開であったと思うのだが残念な事に見のがしていた。

地元での無料映画会があったので良かった。

1979年、カリフォルニア。
アメリカに行った事もないのに、この時代の影響を受けていたであろう日本の70年代を
懐かしく感じた。ファッションであったり町並みの雰囲気であったり。
ゲイの差別、障がい者、人種差別ももちろんキツイ時代だったアメリカをえがいていた。

ルディ・ドナテロ – アラン・カミング
ポール・フラガー – ギャレット・ディラハント
マルコ・ディレオン – アイザック・レイヴァ

主な3人の俳優さんはもちろん素晴らしかった。
特にアラン・カミングの歌、最後の歌がずっと残った。
そして話が進むにつれて彼の眼差しの優しさに惹かれて行く。
マルコを見つめる目は母親そのものだった。
久々に大きな感動と愛について考えさせて貰えた映画だった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.