今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

有座の新年会・

nonoblog Post in 森田 有さんの仕事
0

毎年一月に新年会と総会という形で有座の集まりがある。
もう、12年目になる。森田有さんを偲んでいろんな関係者が、
集まるのだ。有座に森田さんと何らかの関係で繋がった人々の
集いである。亡くなられてもう22年になる。
22年間も森田さんの思い出や残された脚本での上演が、
望まれていたのが昨年有志により、最後の作品「送り火」が、
送り火を上演する会として発足され、2回に渡って上演された。
今年は8月限定で東京公演と京都公演が予定されている。
今年は東京公演をするので、やはり「有座」として公演したいとの提案があった。
飲みながらの総会であるので、意見のやり取りや声も聞こえない状態であるが、一致された。
それよりも有座に参加されていた方々が病気や、亡くなられた方やで、毎年一人二人と欠けていく。
この寂しさはの中でも、その方々とを、繋げていたのは森田さんが、居たからだと再認識した。
今回、始めてお会いした方がいた。草川てつおさんだった。
滋賀県の方で、前から滋賀で生まれた方々の本を書かれてそれを芝居や朗読劇などを、
されていた方だった。中でも竹内浩三さんの詩の朗読劇をされたと言うので、興味深く
話させてもらった。竹内浩三さんの詩の世界を話せたのがうれしかった。
後は野球選手では沢村栄治などのも書かれているとのことだった。
今回、参加して良かったと思った。森田さんの奥さんとの話で、私が演じた演歌歌手が
忘れられないと言われて恥ずかしい想いだった。
芝居をしていた私は私の中では遠のいているのを感じる日でもある。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.