今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

お騒がせの山下俊一・  署名 

nonoblog Post in 日々いろいろ
0

おさわがせの山下俊一氏のこと。
以下 友人からの転送より よろしく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はちょっと視点を変えて、福島県放射線アドバイザー、山下俊一氏の最近の
動向についてお知らせします。

 といっても、山下俊一さんを知らない人もいるかもしれないので、一言ご説明
をします。長崎大学大学院教授で、福島事故後に、福島県の放射線リスク管理ア
ドバイザーになりました。こんな人です:

f:id:ootomi:20110623105342j:image

「放射線の影響は、笑っている人には来ません」「100ミリシーベルト以下なら
放射線の影響はありません」などといった間違った「アドバイス」に、福島県民
が弱りきっています。

 ちなみに、国際放射線防護委員会(ICPR)のような原子力利用の推進組織でも
「晩発性障害には、しきい値を設けることはできない」としています。

 公的機関の肩書きを持つ山下氏がこんなことを言って回るせいで、福島県民は
県外避難もままならず、子どもたちは普段どおり学校に通わされています。5年
後、10年後にがんが多発するようになったら、どう責任を取るのでしょうか。

 さて、そんな山下氏の最近の発言を、記録しておきたいと思います。

◆県放射線健康リスク管理アドバイザー 山下俊一氏に聞く~収まらない放射
線への不安~自己判断の「覚悟」必要 「われわれは福島の応援団」(地元紙『福
島民友』6月20日付)

  山下氏は講演で「福島県民の覚悟が問われている」と発言しているが、意
図が県民に伝わっていない。アドバイザー選任に関しては県議会でも質問があ
り、福島大の若手研究者有志は県に要望書を出すなどした。

――覚悟とは、何か。

「福島の人は原発事故と放射能汚染で、一人では背負いきれない大きな重荷
を負った。我慢の時に誰かが重荷を背負う取り組みが必要。将来がんになる恐怖
に対し、リスクをどう判断するか、自分自身の覚悟が問われている。去るのも、
とどまるのも、覚悟が必要」

――専門家でない母子は判断できないのでは。

「自分の子だけがかわいいでいいのか、利己的では解決できない。心をオー
プンにしないと共に重荷は背負えない。チェルノブイリでは政府が情報公開せ
ず、政府にだまされた。国が崩壊して突然情報があふれ、住民は不安の中で逃げ
ろと言われた。われわれは福島の応援団で『チェルノブイリにするな』『人心を
荒廃させない』と考えている。福島で頑張ろうという人がボランティアで、日本
全体で支援するということを、県民も理解してもらわないといけない」

――自己判断では、原発災害の補償対象にならないのではと不安になる。「過
保護を否定はしないが、子どもには苦労をさせるべきだ。ストレスの中できちん
と自己判断する苦労。○×の答えがないグレーゾーンでリスクと便益を判断する。
海図のない海に出るのが、覚悟の意味です」

「僕と県民の我慢比べだね」

 この人はひどいことを言うなあ、と思った部分を強調しました。

 福島で被爆しつづけることが「ボランティア」なのかどうか知りませんが、少
なくともボランティアは、強制させられたり、参加を「理解させられる」ような
ものではないはずです。

 そして、子どもは放射線に苦しんでしかるべきだと、山下教授は言うわけで
す。唖然。

 そして、6月15日に青山で開かれたある会合での、山下教授への直撃問答。
(杉原浩司さんからの報告です)

(私)あなたは福島県で事故直後から「年100ミリシーベルト以下なら大丈
夫」と繰り返してきた。

(山下)「大丈夫」とは言っていない。「わからない」「証明されていな
い」と言っている。

(私)それは最近になってからで、初期には「大丈夫」と言って県内を回っ
ていた。「大丈夫」と「わからない」は全く違う。初期に言って回った内容が県
民に浸透してしまっている。そのため、自主避難しようとする人が家族、親族、
職場などで孤立することになっている。あなたの言動が明らかに自主避難を妨害
する役割を果たしていることに気づいていないのか。

(山下)うーん。そうでしょうか‥‥。

(私)NGOなどがアドバイザー解任を求める署名を始めているが、辞任さ
れる意思はないのか。

(山下)(無言)。

 ところで、山下氏の言うことに、それなりの正当性を感じる人もいると思いま
す。推測してみると、山下氏が放射線よりもストレスの問題を強調しているの
で、ストレスの問題を重視する人から見ると、「それなりに、まともじゃない
か」という風に見えるのではないかと思います。

 「みんなで引き受けよう」「みんなで支えよう」「がんばろう東日本」という
わけです。

 でも、放射能はいくらがんばっても被爆します。「気丈にして、笑っていれば
大丈夫」というのは、竹槍でB29を落とそうとするようなものでしょう。

 しかも。ただ山下氏が心から安全だと信じているなら、まだ話は簡単です。実
はそうではなく、「20歳未満で、10~100ミリシーベルトの被曝をすると、発が
んのリスクが否定できない」と、まったく福島で言っているのと逆のことを言っ
ています。( http://takedanet.com/2011/06/post_a564.html )

 これは一般に「二枚舌」と言われるものです。

 放っておくと、精神論と嘘がないまぜになった言葉が、福島だけでなく、首都
圏や東北、もっと広い範囲まで広まるのも時間の問題です。権力にごまかされた
り、考えることを他人に預けるのではなく、それぞれの人が考え、悩み、これか
らの道を見つける必要があるのではないでしょうか。

 福島の人々の苦しみはいかばかりか。とりあえず、いくつかの署名を紹介しま
す。ぜひ、ご協力ください。

<ぜひご協力ください! 広めてください!>

◆福島の子どもたちを守るための緊急署名 ~避難・疎開の促進と法定1ミ
リシーベルトの順守を~ (山下俊一教授のリスクアドバイザーなどからの解任
も要求) http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html

オンライン署名 http://goo.gl/Hbq3Z

紙版(以下からダウンロード)
http://dl.dropbox.com/u/23151586/kami_kodomosyomei.pdf

◆「山下俊一氏を福島県の放射線リスク・アドバイザーなどから解任するこ
とを求める県民署名」(避難者を含む福島県民が対象)

オンライン署名 http://goo.gl/vh37x

紙版(以下からダウンロード) http://fk-m.com/re-yama

◆福島大学准教授有志による要望書
http://dl.dropbox.com/u/23151586/fukudai_yushi_yobo.pdf


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.