今回の、ののが綴る徒然日記テーマ

我が家の大ピンチ・住宅事情!。

nonoblog Post in いろいろ
0

もうもう、6ヶ月にはなるのだが、我が家の隣に、二歳の男の子双子一家が、引っ越して来た。

マンションのトラブルはこちらに引っ越して来て直ぐに起こった事は、音であった。
これは階上の一家であった。こちらからは何も言わないで欲しいと持ち主に言われていた。
その階上には耐えることは、いっぱいあった。こちらから言わないで欲しいと言う理由も
後から分かって行く。
最近になって少し落ち着いたのでホットした矢先、今度は双子一家が隣に!。
これには、想像以上に、凄い事が毎日起こっている。

とうとう、持病を抱えている私の体に異変が起こって来てしまった。
抱えている病気が悪化して来たのだ。この病気にはストレスが一番悪い。
薬を少し増やす事になったのだが、これが高額の薬なのだ。
これにも、参った、ストレスになる。

この日常は6ヶ月前より毎日続いている。
先ず、朝5時半から、リビングを走る双子。運動会のように走り回る。
冬になりそれは7時頃になったが、物音は常に床を伝わってやって来る。
どちらかの子が泣く、わめく、母親はヒステリックに叱る。 
何故か勤めていない旦那も大声をだす。
ご機嫌のいい時は、父親が叫んで一緒に運動会のようにリビングを走って遊ぶ。
この時の振動は、我が家の冷蔵庫の裏の器具が音を出しひびく。
隣に響いている事を全く知らないらしい。
夜の12時頃になると、夫婦喧嘩が始まる。先日は深夜一時半だったので、これには我慢出来ず、
ベランダから戸を激しく開け「夜中です!」と叫んで始めてピシャリと戸を締めた。
管理人にお願いして回覧板を回して貰ったが、上下の音と書かれていて、
隣に響くと言うのを書かれてなかった。それ以後も全く変わりなく騒ぎは起きている。
マンションは13階建て、各階は3軒。築35年は経っている。
この頃に建てられた物は、こうしたトラブルが酷いらしいのだが。

娘達一家と同居10年で、娘たちが、家を建て替えたのは良いのだが、
私の病気には応える家を建てたため、このマンションを探して引っ越した。
先ずは上の人の音に悩まされた。
ここはいろいろと問題ありで、持ち主も迷惑がかかっていることを認めた。
最近になりやっと階上の家が落ちついてほっとした矢先に隣に引っ越して来たのが、
双子一家なのである。持ち主の嫌がらせかと!疑いたくなる。
外で娘さんのお母さんらしい人にちょっと事情を話すと、気をつけているので、
絨毯を引いているとのこと。だがこれは階下には効果があるが隣には響くと説明する。
ここで新たなる事情がわかる。来年5月にはまた、次の子が誕生するらしい。

これでは住んでいられる状態でないので、持ち主に話すと一時的にもう一つの隣に、
引っ越して貰えないかと言ったのである。
なんと常識はずれの答えが帰って来たのことであろうか!。
いくら隣と言えども引越しとなれば、全ての手続きをしなければならない。
迷惑がかかっているこちらで。どうして引越しをしなければならないのか!
訳が分からない無茶な提案で口もあんぐり状態であった。
階上の件は認めていて、凄く迷惑がかけていると言っていたのに、次に来たのが隣に
双子一家とは!呆れかえる!。
そしてこちらに引越し提案をするのには、頭が悪いとしか言いようがない。

私の提案は一番音が響くリビングの壁に防音壁を設置して欲しいといったのである。
今は家の中でも簡単に防音の部屋を作れる時代なんだから、業者と相談して欲しいと。
この様に話したのが、引越しの提案になるとは、全く腹立たしい!。
そして、先日やっと、<今、相談し出している>との返事が帰って来たが年内に
何とかなるのであろうか?

このマンションを選んだ理由、二つの駅に近い、中型のスーパー他、店が多い。
娘達が来るのに便利な距離である。一時的に車を入れる事が出来る。
病院や公共施設に近い。とにかく便利さで選んだのである。
家賃は駅近にすれば相場であるかな。部屋の広さからも相場であると感じる。

さてさて、どうなることであろうか!毎日が悩まされる日々が続いているのだが・・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ *ポチしていただけると励みになります!

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.